ステレオタイプ的思考が会話に与える影響

プレイリスト

概要

「東大院生・若手教員によるミニレクチャプログラム」は、附属図書館学生ボランティア Academic Commons Supporter の発案により、図書館でのアクティブラーニング実践の一環として実施しています。東京大学フューチャーファカルティプログラム(東大FFP)で「アクティブラーニング」という教育手法を学んだ大学院生・若手教員によるレクチャをお楽しみください。

 固定観念はときに医師にすら誤った判断をさせてしまいます。このレクチャーでは実際に医療現場で起きた事例を取り上げながら、ステレオタイプ的思考が会話にどのような影響を与えるのか説明します。

主催:東京大学大学総合教育研究センター / 東京大学附属図書館
企画・協力:附属図書館学生ボランティア Academic Commons Supporter (ACS)

第15回ミニレクチャプログラム イベントページ

★あなたのシェアが、ほかの誰かの学びに繋がるかもしれません。
お気に入りの講義・講演があればSNSなどでシェアをお願いします。

講義実施日:
2020年10月29日
学部・研究科:
大学生 一般
分野:
心理学/社会科学

講師紹介

森田 直美

森田 直美

東京大学
医学系研究科 博士課程

※所属・役職は登壇当時のものです。

講義資料