詩の魅力 Charme de la poésie(日本語字幕)

プレイリスト

概要

2008年ノーベル文学賞受賞者であるフランスの作家ル・クレジオ氏を迎えた講演会です。 ル・クレジオ氏著作の翻訳者でもある中地義和教授との対談形式で行われます。

小説家から見た詩の魅力とは何なのでしょうか?
李白、杜甫らの漢詩、芭蕉の俳句、ランボー、ボードレールらのフランス近代詩、韓国現代詩など、ル・クレジオ氏自身が選んだ多彩な詩について、その魅力を語り、フランス語版を朗読します。

00:21:45 リズムの探求、律動的な詩

00:38:59 人間と自然 ― 漢詩の世界

00:49:53 イメージの活用 ― 芭蕉と良寛

01:00:44 音楽性とメッセージ

01:14:52 歴史的時間を超えて

01:20:18 ランボーのアニミズムと二重性

01:29:33 小説「L.E.L. 最後の日々」(本邦未訳)をめぐって

01:38:14 朝鮮戦争の写真と新刊『ソウルの空の下のビトナ』(2018年)

01:40:35 長篇小説『アルマ』(2017年)について

主催:文学部フランス文学研究室

★あなたのシェアが、ほかの誰かの学びに繋がるかもしれません。お気に入りの講義・講演があればSNSなどでシェアをお願いします。

収録日:
2018年3月15日
学部・研究科:
一般
分野:
文学/哲学/言語 美術/芸術

講師紹介

J. M. G. Le Clézio

J. M. G. Le Clézio

作家
ノーベル文学賞受賞者(2008年) 

※所属・役職は登壇当時のものです。

講義資料