パネル・ディスカッション:日本の高等教育における科学教育の未来 [英語]

プレイリスト

概要

2017年4月23日、ノーベル物理学賞受賞者でもあるカール・ワイマン博士を招いたシンポジウムが、University of Tokyo Global Faculty Development主催により開催されました。

パネル・ディスカッションでは、日本の高等教育における科学教育の現状や未来について、5名のパネリストが会場からの質問に答えながら議論しました。

イベントについては こちら

★あなたのシェアが、ほかの誰かの学びに繋がるかもしれません。
お気に入りの講義・講演があればSNSなどでシェアをお願いします。

収録日:
2017年4月23日
学部・研究科:
一般
分野:
教育/学習 理学/自然科学 工学/建築

講師紹介

Carl Wieman

Carl Wieman

カール ワイマン

スタンフォード大学
  教授

※所属・役職は取材当時のものです。

Jonathan Woodward

Jonathan Woodward

ジョナサン・ウッドワード

東京大学
大学院総合文化研究科 准教授

※所属・役職は取材当時のものです。

村田 隆紀

村田 隆紀

むらた たかとし

日本物理教育学会・京都教育大学
  / 会長・名誉教授

※所属・役職は登壇当時のものです。

渡邊 雄一郎

渡邊 雄一郎

わたなべ ゆういちろう

東京大学
大学院総合文化研究科 教授

※所属・役職は登壇当時のものです。

Richard Shefferson

Richard Shefferson

リチャード シェファーソン

東京大学
大学院総合文化研究科 准教授

※所属・役職は取材当時のものです。

藤垣 裕子

藤垣 裕子

ふじがき ゆうこ

東京大学
大学院総合文化研究科 教授

※所属・役職は登壇当時のものです。

講義資料