Negotiating power—“Power” and the law in transactional and dispute resolution

Lecture Description

What does the expression “negotiating power” actually mean? Is it something which can be studied and acquired, or simply a God-given talent? Moreover, how does the law operate within negotiations? We will consider together the various ways in which “power” manifests itself in actual daily life in terms of the negotiations we engage in to form relationships with other people and other companies.

Date:
Oct 6, 2007
Target:
Visitors
Field:
Law / Political Science

Speaker

Shozo Ota

Shozo Ota

Graduate Schools for Law and Politics


学歴
1980年 東京大学法学部卒業
1982年 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了
(法学修士)

職歴
1982年 東京大学法学部 助手
1984年 名古屋大学法学部 助教授
1986年 カリフォルニア大学バークリー校ロースクール 客員研究員
1987年 コロンビア大学ロースクール 客員研究員
1991年 東京大学大学院法学政治学研究科 助教授
1997年 東京大学大学院法学政治学研究科 教授
1997年 ミシガン大学ロースクール 客員教授

研究テーマ
法社会学(弁護士研究,裁判員制度研究,民事訴訟研究,紛争研究)
法と経済学
法と交渉

最近の主な著書
社会科学の理論とモデル 7:法律 東京大学出版会 2000年
法の経済分析:契約・企業・政策(共著) 勁草書房 2001年
Series Law in Action Ⅲ
:交渉と紛争処理(共編著)
日本評論社 2002年
Series Law in Action Ⅰ
:法と社会へのアプローチ(共編著)
日本評論社 2004年
交渉ケースブック(共編著) 商事法務 2005年
ロースクール交渉学(共編著) 白桃書房 2005年
チャレンジする東大法科大学院生
:社会科学としての家族法・知的財産法の探求(共編著)
商事法務 2007年

HP (ホームページ)
http://www.j.u-tokyo.ac.jp/~sota/

Supplement