検索結果 – 895 アイテムが検索語に該当

討論:I. 被災地復興へ農業ができること

第一部の登壇者と福島県からの参加者が、被災地復興への課題について議論します。

2015年4月25日

森林でのCs動態と林業活動の再開:コナラ林の樹体と土壌のCs分布

森林の樹木、そこから採取されるきのこの原木、そしてきのこへとセシウムが移動するメカニズムを明らかにします。

2015年4月25日

樹木と土壌間でのCs動態

福島県の森林で樹木と土壌の間を循環する放射性セシウムの動態を観測調査した結果を報告します。

2015年4月25日

果樹園でのCs動態:特に地下部におけるセシウムの移動について

土壌から果樹と果実へ、また果樹から土壌への放射性セシウムの移動について、これまでの研究成果をお話しします。

2015年4月25日

討論:II. 樹木のセシウム動態と林業

第二部の登壇者が、福島県の農林業復興への課題について議論します。

2015年4月25日

養蚕を通じた生業復活の試み:南相馬市小高区の取り組みを事例に

養蚕で生活を建て直そうとしている南相馬市小高区の住民たちの努力を通じて、農の営みの意味を考えます。

2015年4月25日

開会の辞

東日本大震災後の福島での放射性物質の影響について、第12回目の研究報告会の模様をお伝えします。

2016年3月26日

農学生命科学研究科の取組みについて

これまでの研究報告会を振り返り、農学生命科学研究科の総力をあげた取り組みによってわかってきたことを紹介します。

2016年3月26日

福島の放射性微粒子の正体は何か

放射性セシウムはどんなかたちで環境中に存在し、どうやって拡散するのか。土壌中の微細な粒子を解析した結果の報告です。

2016年3月26日

土壌-河川-海洋系でのセシウムの挙動解析:XAFSによる化学素過程を中心に

土壌、河川、海での放射性物質の移動を、ミクロな粒子の吸着過程を調べることによって明らかにする研究を紹介します。

2016年3月26日

福島畑地土壌におけるカリウム動態について

カリウム施肥を実施しているにもかかわらず、放射性セシウムの吸収が十分に抑制されない土壌を調査した結果を報告します。

2016年3月26日

有機物が多い土壌におけるセシウムの再分布

福島県飯舘村の放棄林地で放射性セシウム分布の調査を行い、分布の変化を検討した結果を報告します。

2016年3月26日

放射性Csおよび安定同位体Csの同一圃場内での分布

同じ圃場の中での放射性セシウムと安定同位体セシウムの分布と、挙動の違いを検討した結果を報告します。

2016年3月26日

パネルディスカッション:科学に何を求めるか

養鰻業、輸入業、研究、行政など、さまざまな立場でウナギとかかわるパネリスト8人が、ウナギの保全のために何が必要なのか、何ができるのかを議論します。

2015年7月19日

東京大学のオープン・エデュケーション:OCWとMOOCの経験を通じて

東京大学のオープンエデュケーションの取り組みと、英語のMOOCを製作した経験をもとに、開かれた大学教育の意義を考えます。

2015年5月27日

Open Education, 放送大学とJMOOC

放送大学とJMOOCの取り組みを中心に、日本における教育のオープン化の経緯と将来を展望します。

2015年5月27日

オープン・エデュケーションの意義(と、JOCWの役割)

オープンエデュケーション研究の第一人者が、北海道大学の取り組みを紹介しつつ、教育のオープン化の意義を考えます。

2015年5月27日

OCWからオープンエデュケーションへ:日本の現状と課題

日本のオープンエデュケーションを牽引する四名の登壇者が、会場からの質問に答えます。

2015年5月27日

産学官連携の放流効果調査

ウナギ資源の保全のための産学官連携の一例として、鹿児島県での放流効果調査を紹介します。

2015年7月19日

大量種苗生産を目指す研究の歴史と現場

ウナギの完全養殖を目指すこれまでの取り組みを概観し、将来の実現可能性について語ります。

2015年7月19日