検索結果 – 148 アイテムが検索語に該当

文化外交政策をデザインしてみよう:文化外交先進国フランスの事例に学ぶ

文学者であり外交官でもあったクローデルが日本でおこなった文化外交の事例をもとに、文化外交政策とはどのようなものか、何のためになされるのかを解説します。

2016年2月12日

国際社会における悪と法

法学や政治学では表立って扱われることの少ない「悪」の問題に、法と政治がどのように対処してきたのか、対処しうるのかを論じます。

2015年6月6日

人は人にとっての恵みか:人間の『社会性』をめぐる政治思想

社会性は人の恵みといえるか?哲学者の思想と論争を辿りながら考えます。

2014年11月16日

日中関係と日本の安全保障

国の安全を実感したことはありますか?中国との関係を軸にこれからの日本の安全保障を考えます。

2014年5月17日

進歩か進化か

法から見た科学観を紹介するとともに、自然科学・人文科学における進化の側面と進歩の側面を考えてみます。

2014年4月26日

民主主義と世界をリードする若者への期待(英語・字幕なし)

ミャンマーの非暴力民主化運動に尽力した経験から、若者の政治参加の重要性を問いかけます。

2013年4月17日

民主主義と世界をリードする若者への期待(英語字幕)

ミャンマーの非暴力民主化運動に尽力した経験から、若者の政治参加の重要性を問いかけます。

2013年4月17日

濱田純一東京大学総長・緒方貞子JICA理事長公開対談

東京大学と国際協力機構(JICA) 開発途上地域への国際協力事業の質の向上及び国際貢献 学術研究及び教育の発展

2010年10月18日

グローバリゼイションと世界の新しい安全

国際関係の観点からグローバリゼイションを眺めると、主権国家という主要なエージェントの役割・機能の変容、そしてそれと並行して進行する国家間関係の変容が重要なポイントです。国際関係の文脈では安全保障と訳されてきたセキュリティについて、グローバリゼイションの中で考え直してみたいと思います。

2007年5月12日

開講にあたって

東京大学公開講座「力<チカラ>」の開講にあたって、法学政治学研究科長 井上正仁より御挨拶いたします。

2007年9月22日

構造力学と政治力学のアナロジー

本講義では、構造物や材料の力学現象と政治的現象としての「力」のアナロジーを示す。ミクロからマクロを導くアプローチ、相互干渉に起因するモード変化、構造解析と政治過程分析、構造設計と制度設計の対応関係等を論ずる。

2007年9月22日

交渉力ー取引と紛争解決における「力」と法

私たちが、「あの人の交渉力はすごい」とか「私には交渉力がない」というときの「交渉力」とは何を意味しているのでしょうか。交渉における「力」について考えます。

2007年10月6日

国際政治における権威・権力・暴力

国際政治は力の支配する世界。いかにも当たり前の議論だが、兵隊が大きければよいというわけでもない。国際政治における「力」の多様な源泉とありかたについて探ってみたい。

2007年10月20日

民主主義と成熟 メディア社会

我々が情報化社会のなかで、どのようなジャーナリズムのあり方を構想してゆけばよいかについて問題提起をしていきたい。

2008年9月27日

開講にあたって

東京大学公開講座「バランス」の開講にあたって、農学生命科学研究科長 生源寺眞一より御挨拶いたします。

2008年4月5日

法的思考におけるバランス

さまざまな価値、利益、理由等のバランスをはかりながら結論を出す、法律学の考え方とは?

2008年4月26日

「ワーク・ライフ・バランス」について考える

「ワーク・ライフ・バランス」について考えることは、現代日本の深刻な労働問題を解く鍵となるかもしれません。欧米における営為との比較を通じて、日本の労働問題の根本にあるものについて考えます。

2008年4月26日

いかにして『地球』と『日本の国益』のバランスをとるか(閉講の挨拶)

東京大学公開講座「バランス」の閉講にあたって、東京大学総長 小宮山宏より御挨拶いたします。

2008年5月17日

ハラスメント防止 学内

「本学の業務知識を学ぶオンライン講座」は、教職員が本学で働く上で有用な知識を学ぶことができるコンテンツを掲載しています。

2018年4月6日

小さな国の大きな力:国際関係におけるアイスランドの役割 [英語]

アイスランドのヨハネソン大統領は、アイスランド近現代史がご専門の歴史学者でもあります。この講演では、小さな国家が国際舞台でどのような影響力を持てるのかについて論じます。

2019年10月24日