検索結果 – 148 アイテムが検索語に該当

教養学部説明会

東京大学のすべての学部1年生と2年生が過ごす教養学部前期課程と、3年生からの教養学部後期課程での学びについてご紹介します。

2018年8月2日

開講の挨拶

東京大学公開講座「想像力」の開講にあたって、人文社会系研究科長 中地義和より御挨拶いたします。

2012年4月7日

先史時代の物流ネットワーク

縄文時代には人と物の行き来がどのようにおこなわれていたのか? 小さな集団同士がつながり、社会が複雑化していく過程を考古学によって明らかにします。

2012年10月6日

閉講の挨拶

東京大学公開講座「ネットワーク」の閉講にあたって、新領域創成科学研究科長 上田卓也より御挨拶いたします。

2012年11月3日

外交は世論に従うべきか

選挙によって政権が交代した場合、新たな政権はそれまでの政府がとってきた外交政策を変えることが許されるのか? 国際政治の古典的問題を考えます。

2012年11月24日

南鳥島のレアアース泥が日本を救う

レアアース ハイテク産業 資源戦略 南鳥島 太平洋 深海 “夢の泥” 日本再生

2012年11月23日

開会挨拶

ムクウェゲ医師を日本に招聘した背景と意義を語ります。

2016年10月4日

主旨説明

ムクウェゲ医師の講演に先立って、コンゴの性暴力をめぐる現状と、医師のこれまでの活動、および招聘にいたった経緯を説明します。

2016年10月4日

コンゴ東部における性暴力と紛争鉱物(日本語字幕)

コンゴ東部で性暴力被害者への医療に取り組むデ二・ムクウェゲ医師が、紛争鉱物と性暴力の関係、そして国際社会の責任について語ります。

2016年10月4日

コメント

コンゴおよびルワンダ産の鉱物取引に従事する日本企業を代表して、紛争鉱物に関する取り組みの現状を説明します。

2016年10月4日

Denmark and Japan: Burden-sharing and Upholding the rules-based system? [EN]

コペンハーゲン大学の先生方をゲストに招いたセミナーです。 アメリカが衰退していく時代の中で、日本やデンマークなどの同盟国はどのように安全保障上の負担を分担していくべきなのでしょうか。

2019年10月25日

セッション3「社会で役立つ模擬国連」

模擬国連は、一人一人が米国政府代表や中国政府代表などの担当国になりきって国際問題について話し合う教育手法です。このセッションでは、模擬国連を通して学んだことが社会でどう役立つかについて、学生時代に模擬国連を経験した授業担当教員と国連職員が話し合います。

2020年3月6日

開講の挨拶

東京大学公開講座「特異」の開講にあたって、東京大学総長 濱田純一より御挨拶いたします。

2009年4月4日

法における「特異」の位置

法が想定する「通常の人」とは誰か? 法は「特異」をどのようなときに排除し、どこまで包容するべきなのか? 法哲学の立場から法の根本を問い直します。

2009年5月16日

閉講の挨拶

東京大学公開講座「特異」の閉講にあたって、薬学系研究科長 杉山雄一より今回の公開講座が開かれるまでのプロセスと、自身の研究の紹介をいたします。

2009年5月16日

開講の挨拶

東京大学公開講座「特異」の開講にあたって、東京大学総長 濱田純一より御挨拶いたします。

2009年10月10日

農業水利におけるガバナンスの発展とソーシャルキャピタルの蓄積

日本を含むモンスーンアジアの国々に共通した、水社会の成立過程を辿り、私たちの未来社会のあるべき姿を考えます。

2009年10月31日

閉講の挨拶

東京大学公開講座「水」の閉講にあたって、理学系研究科長 山形俊男より御挨拶いたします。

2009年11月7日

閉講の挨拶

東京大学公開講座「想像力」の閉講にあたって、東京大学理事 江川雅子より御挨拶いたします。

2012年4月21日