検索結果 – 115 アイテムが検索語に該当

講演「翻訳と創作と」

ホームカミングデイ 文学部 芥川賞・谷崎潤一郎賞 古井由吉 「翻訳と創作と」

2012年10月20日

シンポジウム「文学部というところ」

「文学部というところ」 ホームカミングデイ 文学部 芥川賞・谷崎潤一郎賞 古井由吉

2012年10月20日

最終講義「ラ・マンチャの情報学者」

情報学 批判的知識人 サイバネティクス 

2013年3月6日

新たな漢字の作り方:形声文字を知ろう

漢字の成立原理を分類し、実際に新しい文字を作りながら、形声文字について学びます。

2020年2月20日

【文学部】物語の形:聞こえるものと見えるもの

小説を読んだり、ドラマや映画を観たり、私たちの身の回りにはいつもあたりまえのように物語があります。私たちはどのように物語を感じているのか、見逃しがちなものはないか、考えてみましょう。

2019年8月8日

開講の挨拶

東京大学公開講座「特異」の開講にあたって、東京大学総長 濱田純一より御挨拶いたします。

2009年10月10日

中国文学に見る水の諸相

中国の詩歌を読みながら、中国の人々が捉えた水の姿のいくつかを、日本との比較を交えながらお話しします。

2009年10月24日

文学と水の形象

古来、多くの作家や詩人が「水」のイメージに魅力を感じ、優れた文学作品を創造してきた。本講義では文学と「水」とが取り組んできた関係の諸相を紹介し、小説や詩の中で「水」がどのように表象されてきたかを考える。

2009年10月24日

イギリス文学と水・川・海

イギリスの小説に、川や海、あるいは水そのものとの関わりや関心がどのように表れているか、有名作家の作品から探ります。

2009年10月24日

閉講の挨拶

東京大学公開講座「水」の閉講にあたって、理学系研究科長 山形俊男より御挨拶いたします。

2009年11月7日

フィクションという探求(日本語字幕)

2008年ノーベル文学賞受賞者であるフランスの作家ル・クレジオ氏を迎えた講演会です。 中地義和教授と、詩や映画の話を交えながら、ル・クレジオ氏の著作を巡って対談します。

2009年11月29日

人文社会科学分野のための学術プレゼンテーション

このビデオは、人文社会科学分野での学術プレゼンテーションをより効果的に行うための方法を紹介することを目的とし、「内容と構成」、「伝え方」、「視覚資料」、「質疑応答」の4章から構成されています。

2019年5月22日

実験科学分野のための学術プレゼンテーション

このビデオは、実験科学分野での学術プレゼンテーションをより効果的に行うための方法を紹介することを目的とし、「内容と構成」、「伝え方」、「視覚資料」、「質疑応答」の4章から構成されています。

2019年5月22日

英語の発音と発音記号

英語の発音記号、24の子音と約15の母音を学びます。アメリカとイギリスの発音の違いにも着目してみましょう。

2011年12月1日

閉講の挨拶

東京大学公開講座「想像力」の閉講にあたって、東京大学理事 江川雅子より御挨拶いたします。

2012年4月21日

開講の挨拶

東京大学公開講座「ネットワーク」の開講にあたって、東京大学 理事 江川雅子より御挨拶いたします。

2012年9月29日

ハーバード白熱教室 in JAPAN

「イチロー選手の年収は適正か?」、「オバマ大統領は原爆投下を謝罪すべきか?」など、サンデル教授と東大生が正義について議論します。

2010年8月25日

語りと騙り

人間社会にとって<騙り>は必要悪なのではないかという観点から、だますことの名誉回復を試みます。

2011年9月24日

騙しと哲学

哲学史の議論を素材にしながら、真理を探求することと騙すこととの内的な関係を考えます。

2011年9月24日

文学創造における記憶と想像力(日本語字幕)

2008年ノーベル文学賞受賞者であるフランスの作家ル・クレジオ氏を迎えた講演会です。 中地義和教授と、文学創造に欠かせない「記憶」と「想像力」について対談します。

2013年12月18日