人工知能と磁石の物理

プレイリスト

概要

ミクロとマクロ(のモデル)をつなぐ鍵である分配関数の計算方法の一例として、磁石の物理として知られるイジングモデルを使って統計力学について説明します。また統計力学が連想記憶モデルにどのように応用されているかにも触れます。

映像提供:東京大学理学部

★あなたのシェアが、ほかの誰かの学びに繋がるかもしれません。
お気に入りの講義・講演があればSNSなどでシェアをお願いします。

講義実施日:
2021年7月10日
学部・研究科:
高校生 一般
分野:
理学/自然科学

講師紹介

樺島 祥介

樺島 祥介

東京大学
理学系研究科 教授

※所属・役職は登壇当時のものです。

講義資料