感染症の危険、医療の提供、自由の制約――感染症対策の関連と背後にある「分配」について

プレイリスト

概要

新型コロナウイルスの感染者と非感染者に対する行政の措置に着目し、それぞれの制約の目的やその基礎にある思考を、法学の観点から解説します。

★あなたのシェアが、ほかの誰かの学びに繋がるかもしれません。
お気に入りの講義・講演があればSNSなどでシェアをお願いします。

講義実施日:
2021年7月10日
学部・研究科:
高校生 一般
分野:
法律/政治

講師紹介

太田 匡彦

太田 匡彦

東京大学
法学政治学研究科 教授

※所属・役職は登壇当時のものです。

講義資料