化学システム工学科研究紹介「化学知を社会に」 :牛乳パックから考えるエコな選択

プレイリスト

概要

牛乳パックにはチルド(冷蔵)用とロングライフ(常温保存可)用があり、それぞれの容器包装の構造や賞味期限が異なります。
今回は、ロングライフ用の容器包装を作るための環境負荷と、ロングライフ製品による食品ロスの削減量とがバランスが取れているのかどうか(=本当に環境にやさしいのかどうか)を検証していきます。
その結果から、「エコな選択とは?」について、化学的な側面から一緒に考えてみましょう。

天沢助教の所属する平尾・杉山研究室ウェブサイト
https://www.pse.t.u-tokyo.ac.jp/

映像提供:東京大学工学部

★あなたのシェアが、ほかの誰かの学びに繋がるかもしれません。
お気に入りの講義・講演があればSNSなどでシェアをお願いします。

講義実施日:
2020年9月21日
学部・研究科:
高校生 一般
分野:
工学/建築

講師紹介

天沢 逸里

天沢 逸里

東京大学
工学系研究科 化学システム工学専攻 助教

※所属・役職は登壇当時のものです。

講義資料