グローバリズム下の世界と漂流する通貨たち

プレイリスト

概要

グローバリズムが進む一方、世界的な格差拡大やデジタライゼーション、あるいはMMTやリブラ構想の登場などの中で国家と企業そして通貨は新たな変化に直面している。そして、今回のウィルス禍は、経済への打撃がどこまで広がるか、あるいは財政と中央銀行の関係がどうなるか、個人情報管理と自由との相克はあるか、などにつき、さまざまな問題を私たちに突きつけている。これらの問題と考え方について、国家と企業そして通貨の歴史を踏まえて議論する

★GraSPP Research Seminar については こちら

主催:東京大学公共政策大学院
共催:寄付講座「資本市場と公共政策」(みずほ証券寄付講座)

★あなたのシェアが、ほかの誰かの学びに繋がるかもしれません。
お気に入りの講義・講演があればSNSなどでシェアをお願いします。

講義実施日:
2020年6月19日
学部・研究科:
一般
分野:
法律/政治 経済/経営

講師紹介

岩村 充

岩村 充

早稲田大学
経営管理研究科 教授

※所属・役職は登壇当時のものです。

湯山 智教

湯山 智教

東京大学
公共政策大学院 特任教授

※所属・役職は登壇当時のものです。

講義資料