グローバルヒストリー:1.グローバルヒストリーはなぜ必要なのか?[英語]

プレイリスト

概要

近年グローバルヒストリーという歴史研究の手法が注目を集めています。グローバルヒストリーとは何か、いまなぜグローバルヒストリーが必要なのか、現代世界の重要な概念であるアイデンティティは、グローバルヒストリーの文脈で論じられるのか。世界各地で活躍する歴史学者たちが2日にわたり論じます。

第1回「グローバルヒストリーはなぜ必要なのか?」

★ 東京カレッジ:https://www.tc.u-tokyo.ac.jp/

★あなたのシェアが、ほかの誰かの学びに繋がるかもしれません。
お気に入りの講義・講演があればSNSなどでシェアをお願いします。

講義実施日:
2019年9月2日
学部・研究科:
一般
分野:
歴史/民族・民俗 法律/政治

講師紹介

セバスティアン・コンラート

セバスティアン・コンラート

ベルリン自由大学

※所属・役職は取材当時のものです。

マルク・エリ

マルク・エリ

フランス国立社会科学高等研究院

※所属・役職は取材当時のものです。

シェルドン・ギャロン

シェルドン・ギャロン

プリンストン大学

※所属・役職は取材当時のものです。

鈴木 英明

鈴木 英明

国立民族学博物館

※所属・役職は取材当時のものです。

ミヒャエル・ファチウス

ミヒャエル・ファチウス

ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン

※所属・役職は取材当時のものです。

羽田 正

羽田 正

東京大学

※所属・役職は取材当時のものです。

講義資料