日本の「ダーク・ツーリズム」:グローバル、国、市民の視点から

プレイリスト

概要

近現代史の光と影に迫る。

アウシュヴィッツ強制収容所、広島平和記念公園…歴史上の悲劇の舞台を巡る「ダーク・ツーリズム」をご存じですか? 「困難な歴史」を伝える世界遺産にはこれらのほか、「明治日本の産業革命遺産」のように歴史の「光」と「影」を併せ持つ場所もあります。歴史の複雑さを理解するために複数の視点を用いることの重要さを、日本近現代史がご専門のゴードン教授と考えます。

★ 東京カレッジ: https://www.tc.u-tokyo.ac.jp/ja/index.html

★あなたのシェアが、ほかの誰かの学びに繋がるかもしれません。
お気に入りの講義・講演があればSNSなどでシェアをお願いします。

収録日:
2019年6月21日
学部・研究科:
一般
分野:
歴史/民族・民俗

講師紹介

アンドルー・ゴードン

アンドルー・ゴードン

ハーバード大学
歴史学部 教授

※所属・役職は登壇当時のものです。

講義資料