外見が行動や心を変える!?:VRアバタによるプロテウス効果

プレイリスト

概要

「東大院生・若手教員によるミニレクチャプログラム」は、附属図書館学生ボランティア Academic Commons Supporter の発案により、図書館でのアクティブラーニング実践の一環として実施しています。東京大学フューチャーファカルティプログラム(東大FFP)で「アクティブラーニング」という教育手法を学んだ大学院生・若手教員によるレクチャをお楽しみください。

仮想空間上のアバターの外見が行動や心理にも影響してしまう「プロテウス効果」について紹介します。

主催:東京大学大学総合教育研究センター / 東京大学附属図書館
企画・協力:附属図書館学生ボランティア Academic Commons Supporter (ACS)

第14回ミニレクチャプログラム イベントページ

★あなたのシェアが、ほかの誰かの学びに繋がるかもしれません。
お気に入りの講義・講演があればSNSなどでシェアをお願いします。

講義実施日:
2020年2月20日
学部・研究科:
大学生 一般
分野:
心理学/社会科学 理学/自然科学

講師紹介

松本 啓吾

松本 啓吾

東京大学
情報理工学系研究科 博士課程

※所属・役職は登壇当時のものです。

講義資料