倫理学的に考えるための道具:一貫性の要求

プレイリスト

概要

「東大院生によるミニレクチャプログラム」は、新図書館計画 Academic Commons Supporter の発案により、図書館でのアクティブラーニング実践の一環として実施しています。「アクティブラーニング」という教育手法を学んだ大学院生・若手教員によるレクチャをお楽しみください。

倫理学の議論をベースに、「一貫性の要求」について学んでみましょう。

主催:東京大学 新図書館計画推進室 大学総合教育研究センター

企画:新図書館計画 学生ボランティア アカデミックコモンズサポーター(ACS) ・ フューチャーファカルティープログラム

第11回ミニレクチャプログラム イベントページ

★あなたのシェアが、ほかの誰かの学びに繋がるかもしれません。

お気に入りの講義・講演があればSNSなどでシェアをお願いします。

収録日:
2018年11月8日
学部・研究科:
大学生 一般
分野:
教育/学習 医学/薬学 文学/哲学/言語

講師紹介

三羽恵梨子

三羽恵梨子

東京大学
医学系研究科 博士課程

※所属・役職は登壇当時のものです。