自然知能と人工知能の共進化:「知の創生」に向けて

プレイリスト

概要

深層学習が得意とするパターン情報処理は、記号推論とどのように融合すべきなのでしょうか?

自然知能と人工知能が自然なインタラクションを通じて共に学びあい、「社会インフラとしての知」の創成・蓄積を加速する「人とAI の共進化」を目的とした融合に向けて、将来の課題を議論します。

★公開シンポジウム  深層学習の先にあるもの – 記号推論との融合を目指して(2)については こちら

主催: 東京大学先端人工知能学教育寄付講座
共催: 東京大学次世代知能科学研究センター

★あなたのシェアが、ほかの誰かの学びに繋がるかもしれません。
お気に入りの講義・講演があればSNSなどでシェアをお願いします。

講義実施日:
2019年3月5日
学部・研究科:
一般
分野:
工学/建築

講師紹介

麻生英樹

麻生英樹

産業技術総合研究所 情報・人間工学領域
人工知能研究センター 副研究センター長

※所属・役職は登壇当時のものです。

講義資料