水産資源の持続的有効利用と水産学

プレイリスト

概要

水産業は、野生生物を資源として利用する最大規模の産業です。その生産性は自然の再生速度に規定されるため、ヒトと自然のかかわり方に正面から向き合い、どうすれば自然生態系の恩恵を持続的に享受できるのかを真剣に考えていく必要があります。ここでは、水産資源の持続的有効利用に向けて科学(水産学)が果たしてきた役割と、これから目指すべき方向性についてお話しします。

01:50 世界的な水産資源の減少
07:54 海洋生物資源の持続的利用
23:06 漁獲可能量(TAC)による管理
37:05 レジーム・シフト:地球規模での大気・海洋・海洋生態系の構造転換
48:24 水産資源は回復しつつある?

★過去の農学部公開セミナー (東京大学農学部のサイトが開きます)

★あなたのシェアが、ほかの誰かの学びに繋がるかもしれません。
お気に入りの講義・講演があればSNSなどでシェアをお願いします。

収録日:
2016年6月18日
学部・研究科:
一般
分野:
農学

講師紹介

山川 卓

山川 卓

やまかわ たかし

東京大学
農学生命科学研究科 准教授

※所属・役職は登壇当時のものです。

講義資料