2014年度「放射能の農畜水産物等への影響についての研究報告会 第10回報告会」


科学・技術と「いのち」

科学・技術が真に生活者に利をもたらすために、両者の相互理解の必要性を訴えます。

2014年11月9日

福島原発事故の背景にある「構造災」を考える

「構造災」をキーワードに、社会科学の立場から原発事故を分析します。

2014年11月9日

農学生命科学研究科の今後の活動の方向

近年の教育研究活動を振り返り、現状の課題と研究科の方針を示します。

2014年11月9日

農学生命科学研究科の取組について

原発事故からの復興に寄与する研究科の取組について、第九回までの報告を振り返ります。

2014年11月9日

放射性セシウムのイネへの移行(第4報)

原発事故当年から続くイネの調査の軌跡と課題を報告します。

2014年11月9日

家畜と畜産物への放射性物質の影響

飼料を介して家畜に蓄積する放射性物質について、馬を中心とした実験結果を報告します。

2014年11月9日

森林に降った放射性セシウムは今どうなっているのか、これからどこへいくのか?

森林に降下したセシウムはどのように移動するのか? 河川への流出や、生物への移行・分散を調べた結果を報告します。

2014年11月9日

福島県産農作物のモニタリング経過と畑作物におけるセシウム吸収

福島県の野菜、果物、コメ、そしてダイズの安全性の検査について報告します。

2014年11月9日

被災地産食品に対する消費者意識の変化

消費者へのアンケート調査の結果をもとに、食品安全対策のあるべき姿を考えます。

2014年11月9日

放射性セシウムの土壌中の挙動、水系への流出

放射性セシウムの土壌中の挙動や、水系への流出についての調査結果を報告します。

2014年11月9日