国勢調査の「美談」分析:国民イベントとしての人口統計

プレイリスト

概要

1920年に行われた日本の最初の国勢調査は、20世紀初頭の世界センサス運動のもとで1905年に実施する予定(日露戦争で延期)であったものの再挑戦でした。国勢調査は国民が自ら調査する「一大文明事業」とされ、国家的なイベントとしての性格をもつことになり、官民を挙げた宣伝・啓蒙活動が多様に繰り広げられました。この講義では記念に編纂された『国勢調査記念録』の「美談逸話」を素材に、この調査がもった意外な特質を歴史社会学の立場から分析します。

このコンテンツは、iTunesに保存してiPhoneやiPadからいつでもご覧いただけます。

(上記をクリックすると新しいウィンドウが開き、Apple社のページを表示します。)

講義実施日:
2013年4月27日
対象:
一般
分野:
経済/経営 歴史/民族・民俗 心理学/社会科学

講師紹介

佐藤 健二

佐藤 健二

さとう けんじ

東京大学
人文社会系研究科 教授

※所属・役職は登壇当時のものです。

1981年 東京大学大学院社会学研究科修士課程修了
1983年 東京大学大学院社会学研究科博士課程中退
1983年 東京大学教養学部助手
1986年 法政大学社会学部専任講師
1988年 法政大学社会学部助教授
1994年 東京大学文学部助教授(東京大学大学院社会学研究科担当)
1995年 東京大学大学院人文社会系研究科助教授(文学部担当)
2000年 同研究科文化資源学専攻助教授(形態資料学専門分野)併任
2005年 東京大学大学院人文社会系研究科教授(文学部担当)

講義資料