II, Panel Discussion

Lecture Description

The 2011 earthquake and tsunami which struck the Tohoku region caused enormous damage. The severity of the impact of the Fukushima No. 1 Nuclear Power Plant accident which occurred in its wake had been unprecedented in our experience. The SPH of the University of Tokyo is considering how best to respond to various issues stemming from this crisis from a medium-to long-term perspective.

Date:
Jul 5, 2011
Target:
Visitors
Field:
Health & Medicine

Speaker

Hideki Hashimoto

Hideki Hashimoto

Graduate School of Medicine

学歴
1988年 東京大学医学部医学科卒業

職歴 1988年 東京大学医学部附属病院

1989年 東京厚生年金病院内科研修医

1990年 三井記念病院

1993年 帝京大学医学部板橋病院

1999年 帝京大学医学部 講師

2003年 帝京大学医学部 准教授

2004年 東京大学大学院22世紀医療センター 客員教授


2007年 東京大学大学院医学系研究科 教授


専門分野、
研究テーマ
公衆衛生学, 健康科学, 医療社会学, 患者医師コミュニケーション
HP http://www.m.u-tokyo.ac.jp/medinfo/
Kazuhiko Ohe

Kazuhiko Ohe

Graduate School of Medicine

学歴
1984年 東京大学医学部医学科卒業


職歴 1989年 東京大学病院中央医療情報部(現企画情報運営部)助手

1997年 東京大学大学院医学系研究科教授


専門分野、
研究テーマ
電子カルテシステム・医療用語の標準化・医学オントロジー
HP http://www.m.u-tokyo.ac.jp/medinfo/

Supplement