The position of “uniqueness” in the law

Lecture Description

In this lecture, we will discuss how we should understand and evaluate specific situations from the standpoint that the law and “unique items” have equivocal and ambivalent relationships. We will further add a few of our own observations.

Date:
May 16, 2009
Target:
Visitors
Field:
Law / Political Science

Speaker

Tatsuo Inoue

Tatsuo Inoue

Graduate Schools for Law and Politics


学歴
1977年 東京大学法学部卒業

職歴
1977年 東京大学法学部助手
1980年 東京大学教養学部助手
1983年 千葉大学法経学部助教授
1991年 東京大学大学院法学政治学研究科助教授
1995年 東京大学大学院法学政治学研究科教授

研究テーマ
公共性論
法の支配論
立法学
立憲民主政論
世界正義(Global Justice)

最近の主な著書
「哲学塾 自由論」 岩波書店 2008年
「岩波講座憲法1
立憲主義の哲学的問題地平」
岩波書店 2007年
「公共性の法哲学」 ナカニシヤ出版 2006年
「法という企て」 東京大学出版会 2003年
「普遍の再生」 岩波書店 2003年
「現代の貧困」 岩波書店 2001年

HP (ホームページ)

Supplement