Supportive science and technology which can respond to changes in climate and hydrologic cycles

Lecture Description

Along with the rise in concentrations of hothouse gases in the atmosphere, extreme water circulation phenomena have appeared in various parts of the world. In this lecture we will consider such aspects as forecasts of these changes, evaluation of the risks these changes pose, the formulation of effective response policies, whether or not these can actually be implemented, and the science and technology which could support such measures.

Date:
Oct 31, 2009
Target:
Visitors
Field:
Science

Speaker

Toshio Koike

Toshio Koike

Graduate School of Engineering


学歴
1980年 東京大学工学部土木工学科卒業
1982年 東京大学大学院工学系研究科修士課程修了,工学修士
1985年 東京大学大学院工学系研究科博士課程修了,工学博士

職歴
1985年 東京大学工学部助手
1986年 東京大学工学部専任講師
1988年 長岡技術科学大学工学部助教授
1999年 長岡技術科学大学工学部教授
1999年 東京大学大学院工学系研究科教授

研究テーマ

河川工学、水循環の科学、環境心理学


最近の主な著書
『地球環境論』 岩波書店 1996
『水・物質循環系の変化』 岩波書店 1999
『環境教育と心理プロセス』 山海堂 2005
『地球環境10年実施計画』(英書) 欧州宇宙気候 2005

HP (ホームページ)
http://aqua.t.u-tokyo.ac.jp/REEL/index.html

Supplement