Achieving balance for rice plants and rice (output) in crop cultivation

Lecture Description

In the cultivation of crops, it is difficult to achieve a balance among four desired factors. These are: (1) high yield, (2) quality, (3) low burdens/low costs for the cultivator, and (4) environmental friendliness/safety. Using the example of rice cultivation, we will discuss the processes required for establishing these, historical changes and current approaches to achieving balance.

Date:
May 10, 2008
Target:
Visitors
Field:
Agricultural

Speaker

Junko Yamagishi

Junko Yamagishi

Graduate School of Agricultural and Life Sciences


学歴
1978年 東京大学農学部農業生物学科卒業
1984年 東京大学大学院農学系研究科農業生物学専門課程博士課程単位取得退学

職歴
1985年 国際イネ研究所 Post doctoral fellow
1986年 東京大学農学部助手
1994年 東京大学農学部助教授
2000年 東京大学大学院農学生命科学研究科助教授
2007年 東京大学大学院農学生命科学研究科准教授

研究テーマ
持続的高生産システム確立のための農業生態学的研究
イネ収量関連形質の決定機構と環境条件の影響

最近の主な著書
「作物の呼吸」『新編農学大事典』(共著) 養賢堂 2004年
「圃場管理」『環境保全型農業事典』(共著) 丸善株式会社 2005年

HP (ホームページ)
http://www.fm.a.u-tokyo.ac.jp/

Supplement