“Globalization” of music culture?—Music technology, the music industry, local culture

Lecture Description

Along with globalization, we can see the existence of both universal music and pure regional culture being celebrated, but these amount to nothing more than illusions. With globalization having the significance of introducing a new age of self-expression into the cultures of various regions, we will ask some fundamental questions as to what constitutes culture.

Date:
May 19, 2007
Target:
Visitors
Field:
Fine Arts / Art

Speaker

Hiroshi Watanabe

Hiroshi Watanabe

Graduate School of Humanities and Sociology


学歴
1977年 東京大学文学部第1類(美学芸術学専修過程) 卒業
1980年 東京大学大学院人文科学研究科修士課程(美学芸術学) 修了
1983年 東京大学大学院人文科学研究科博士課程(美学芸術学) 単位取得退学
2001年 東京大学大学院人文社会系研究科 博士(文学)取得

職歴
1983年 東京大学文学部 助手(美学芸術学)
1986年 玉川大学文学部 専任講師(芸術学科)
1991年 玉川大学文学部 助教授
1992年 大阪大学文学部 助教授(音楽学)
1996年 東京大学大学院人文社会系研究科 助教授(美学芸術学)
2002年 東京大学大学院人文社会系研究科 教授(美学芸術学)

研究テーマ
日本における音楽文化の近代化過程
「国民音楽」の社会史
音楽の伝承・保存とメディア

最近の主な著書
宝塚歌劇の変容と日本近代 新書館 1999年
日本文化 モダン・ラプソディ 春秋社 2002年
マーラーと世紀末ウィーン 岩波現代文庫 2004年
クラシック音楽の政治学(共著) 青弓社 2005年
考える耳 春秋社 2007年

HP (ホームページ)
http://www.l.u-tokyo.ac.jp/bigaku/watanabe.html

Supplement