ものづくりを諦めたアメリカ、マーケティングの出来ない日本:顧客の力を探る

プレイリスト

概要

最近のマスコミによる『ものづくり』ブームに警鐘を鳴らす。まるで日本に残された最後の道のような印象を受ける。70~90年代、アメリカは日本の製造業の猛烈な追い上げにあって、逃げ場を探した。ちょうどそこにインターネットの時代が到来し、ネットワークを利用することによって見事に変身を遂げた。アメリカは、ものづくりが出来ないのではなく、やりたくないのである。BRIC諸国などの追い上げによって、今、日本は同じような立場にいる。製造業志向の『ものづくり』から変身しなければ、日本に未来はない。

収録日:
2007年10月20日
学部・研究科:
一般
分野:
経済/経営

講師紹介

阿部 誠

阿部 誠

経済学研究科


学歴
1984年 マサチューセッツ工科大学電子工学コンピュータ学部,学士及び修士課程修了
1991年 マサチューセッツ工科大学大学院 オペレーションズリサーチ博士課程修了

職歴
1991年 イリノイ大学経営学部 助教授
1998年

東京大学大学院経済学研究科 助教授

2004年 東京大学大学院経済学研究科 教授

研究テーマ
データベース・マーケティング
CRM(顧客関係管理)
ワン・トゥー・ワン・マーケティング

最近の主な著書
マーケティングの科学-POSデータの解析(共著) 朝倉書店 2005年
リサーチ・マインド経営学研究法(共著) 有斐閣 2005年
超顧客主義:顧客を超える経営者たちに学ぶ(共著) 東洋経済新報社 2003年

HP (ホームページ)
http://www.e.u-tokyo.ac.jp/fservice/faculty/abe/abe.j/abe.j.htm

講義資料