イベントから探す

絞り込み

東京カレッジ講演会

時間はなぜ逆に流れない?[英語]

「時間の矢」の起源は何なのでしょうか? ノーベル物理学賞受賞者のアンソニー・レゲット教授が、物理学の最も深遠な難問をめぐる様々な考察を吟味します。

2019年6月17日

女性が拓く日本の未来 [英語]

著書『日はまた沈む』でバブル崩壊を予測した世界的ジャーナリストが次に予測する日本と女性の未来を、一緒に考えてみませんか?

2019年5月15日

東大院生によるミニレクチャプログラム 第11回

●●はタバコと同じくらい健康によくない?:健康の社会的決定要因(SDH)を知ろう

われわれの健康を左右するさまざまな要因について、考えてみませんか。

2018年11月8日

倫理学的に考えるための道具:一貫性の要求

倫理学の議論をベースに、「一貫性の要求」について学んでみませんか?

2018年11月8日

濁音を探せ!:仮名文献の濁音の歴史

伊勢物語の写本を見ながら、現代とは違った文字文化を学んでみませんか?

2018年11月8日

『日本語学概論』ことばのゆれ:ら抜きことば

文法や歴史的観点など、様々な観点からことばのゆれについて考えてみましょう。

2018年11月8日

UTokyo OCW説明会

UTokyo OCW説明会 学内

東京大学のオープンコースウェア、UTokyo OCWの活用についての説明会です。主に UTokyo OCW にて講義の公開を希望される先生方を対象に、UTokyo OCWの概要や、公開までに行っていただくことをご説明します。

2019年8月6日

農学部公開セミナー 第54回:生き物が造り出す価値あるもの

バイオマスエネルギーの現状と課題

われわれ人類がどのくらいのエネルギーを使っているか、考えたことがありますか?地球上に残されたエネルギー資源が無くなる前に、再生可能なバイオマスエネルギーについて学びましょう。

2018年6月23日

微生物が造り出す価値のあるもの

マイナスのイメージを持たれることも多い一方で、実は人類に恩恵をもたらす存在でもある「微生物」は、わたしたちの暮らしの中で微生物がどのように活躍しているのでしょうか?

2018年6月23日

未来を拓け!環境にやさしいバイオプラスチック

石油から作られたプラスチックは私達の生活に欠かせないものですが、さまざまな環境問題を引き起こすこともあります。この講義では、環境に優しい「バイオプラスチック」についてご紹介します。

2018年6月23日

農学部公開セミナー 第53回:香り、味、フェロモンとわたしたちの生活

おいしさとは何か?

わたしたちはなぜ味を感じるのでしょうか? なぜ個人ごとに「好き嫌い」の違いがあるのでしょうか? 味覚を中心に「おいしい」とは何かを考える、食品機能学の研究を紹介します。

2017年11月11日

東京大学公開講座:縺れ

平安文学にみる愛の縺れ

平安文学にしばしば見られる和歌。そのやりとりの微妙な呼吸を読み解きながら、誤読や齟齬、そして情愛の縺れについて考えます。

2018年12月2日

民法における縺れと改正

日本の法制度において基本法の1つである民法には、制定後100年の経過により生じた様々な縺れがあります。その具体例を紹介し、その解消の試みについて考えていきます。

2018年12月2日

縺れを解き、災害文化を創出する

災害に接した個人が適切な対応行動をとるにはどうすればよいのでしょうか? 家族や地域における人間関係の縺れを読み解き、災害に強い社会のあり方を考えます。

2018年12月2日

高大接続改革の縺れ

大学入試共通テストに新たに記述式問題や英語民間試験を導入することが注目されています。 このような改革のありかたへ疑問を呈するとともに、今後を展望します。

2018年11月17日

移民政策をめぐる民意の縺れ

この講義では、最新の学術的世論調査結果をもとに、移民政策に対する複雑な民意を明らかにし、それを解きほぐすさまざまな分析を紹介します。

2018年11月17日

食の放射能汚染をめぐる縺れ

福島第一原発事故をきっかけに農林水産物の安全性への懸念が広がりました。食の安全・安心についてあらためて考えてみませんか?

2018年11月17日

結び目と絡み目:縺れからたどる数学の世界

この講義では、縺れた紐にまつわる幾何学の研究を紹介します。

2018年11月3日

ジェネリック医薬品にまつわる縺れ:患者・産業・国際社会を取り巻く環境

この講義では、イノベーションを医療応用する際の評価や規制に存在するディレンマについてお話します。

2018年11月3日

Cedepシンポジウム:豊かな人生を紡ぐ保育 ~Society5.0 保育から社会を変える~

保育における専門性開発及び食・睡眠の実践の実態

保育の課題を解決するためには何が出来るのでしょうか。乳幼児期の食に焦点を当ててCedepで行った調査や、さまざまな取り組みをご紹介します。

2018年8月5日

趣旨説明:保育実践と先端知・先端アプローチをつなぐ

保育の課題を解決するためには何ができるでしょうか? Cedepのさまざまな研究プロジェクトを紹介します。

2018年8月5日

まとめと閉会挨拶

シンポジウムを総括し、今後の課題と展望を述べます。

2018年8月5日

討論:日本の幼児教育のプロセスの質を上げる営み

保育のプロセスの質を上げるためにはどうすればいいのでしょうか? シンポジウム全体へコメントします。

2018年8月5日

赤ちゃんの発達科学

保育の課題を解決するためには何ができるでしょうか? Cedepで行われている乳幼児の発達に関する基礎研究をご紹介します。

2018年8月5日

保育者の実践知の「パターン・ランゲージ」開発

ある領域における問題発見・解決の実践知を言語化したものである「パターン・ランゲージ」の研究をご紹介します。

2018年8月5日

IoT・AI技術の保育への応用可能性

保育から社会を変えるためには何が出来るのでしょうか。保育の現場でのIoT・AI技術の応用可能性についてお話します。

2018年8月5日

保育におけるSociety 5.0

保育から社会を変えるためには何が出来るのでしょうか。Society5.0へ向けた取り組みを保育で実践していく意義についてお話します。

2018年8月5日

自治体と大学の協創による保育を核としたまちづくり構想

保育から社会を変えるためには何が出来るのでしょうか。子どもを中心としたまちづくりにおける、渋谷区とCedepとの連携の可能性について語ります。

2018年8月5日

指定討論

基調講演を受けて、日本における幼児教育・保育の質向上に向けた政策研究の課題についてお話します。

2018年8月5日

指定討論

保育の国際動向について報告するふたつの基調講演に対してコメントします。

2018年8月5日

21世紀カリキュラムとプロセスの質を考える

幼児教育において特に重要な「プロセスの質」とは何でしょうか。またそれをどのように保証できるのでしょうか。OECDのレポートなどを紹介しながら解説します。

2018年8月5日

すべての子どもたちに幼児教育を保障する(通訳あり)

米国の事例や統計を紹介しながら、幼児教育政策の「パラドックス」を解決する道を提案します。

2018年8月5日

開会挨拶

本シンポジウムの意義についてお話します。

2018年8月5日

工学部 テクノサイエンスカフェ 第28回 ひとりでに組み上がる分子たち

ダイジェスト:ひとりでに組み上がる分子たち

分子について学ぶイベントの全体の様子をダイジェストでお届けします。

2018年8月8日

【後半】知恵の輪の多面体で遊んでみよう!

後半では、柔らかいワイヤー(モール)を使い、知恵の輪のように絡めて、さまざまな多面体を作って遊びながら分子について学びます。

2018年8月8日

【前半】ひとりでに組み上がる分子とは何?

前半では、模型作りや分子を使った実験を通して自己集合する分子について学びます!

2018年8月8日
もっと見る