イベントから探す

絞り込み

医療×AIセミナーシリーズ第11回:シンポジウム『医療現場で本当に価値あるAIを作るために』

ディープラーニングと医療について 学内

この講演では、ディープラーニングにおける「認識」「運動の習熟」「言葉の意味理解」の三つの発展段階を、アメリカや中国におけるディープラーニングの実装事例や最新の研究動向とともに概観しながら、臨床医療でのディープラーニングの活用の可能性を模索していきます。

2020年3月26日

放射線科医が取り組む医療AIについて

放射線科医はMRA(磁気共鳴⾎管撮影法)を用いて脳血管を立体的に可視化し異常を検出するため、見逃しリスク軽減のためにもAIの開発は重要になっています。医師が脳動脈瘤を検出するAIを使うか使わないかで検出能⼒がどのように変わるのかという研究成果を紹介します。

2020年3月26日

ICTの可能性:医療の価値を最大限に(value based medicine)

質が⾼いけれど現場の「良⼼」に⽀えられている日本の医療。しかし、さらに質を向上させ、医療費を抑制するためには次のフェーズに進む必要があります。ICT活用と医療の価値の最大化について、英国での経験を経た医師が解説します。

2020年3月26日

東京大学経済学図書館創設120年、アダム・スミス文庫寄贈100年:記念オンライン講演会『知の継承(バトン)』

講演3:私のスミス研究と東京大学経済学図書館のアダム・スミス文庫

東大のスミス文庫には、スミスが『国富論』執筆中の「生物学」の研究に利用した Linne の SYSTEMA NATURAE と Buffon のHISTOIRE NATURELLE が含まれている。今回、それらを利用した研究の成果と顛末の一部を紹介する。

2020年12月19日

講演2:新渡戸稲造は買った「スミス文庫」を読んだのか?

なぜ新渡戸は、経済学に分類できる本は殆どない300余冊を購入しようと思ったのか。また、どこに一番関心を持ったのか。関連して、明治初期からスミス生誕 200年(1923)の時期、スミスが一般にどのように受容されていたのかも考察する。

2020年12月19日

講演1:東京大学大学院経済学研究科の蔵書から

本講演では、東京大学経済学研究科が所蔵する極めて貴重なコレクションであるスミス旧蔵書から見えるスミス像を検討する。

2020年12月19日

東京大学公開講座:データ

経済の歴史を測る

この講演では経済史という研究分野において、どのように対象を数量化し、分析するかを説明します。

2021年6月19日

高校生のための東京大学オープンキャンパス

学生実験:火山噴火実験

火山のできかたや噴火の種類と、火山噴火の実験の様子をご紹介します。この実験では、水あめと水を使い、化学反応によって発生した二酸化炭素のガスによってマグマだまりの圧力が高まり噴火が起こる現象を再現します。

2021年7月10日

身近なもので出来る地震の実験!-地震の波の話-

牛乳パック地震計」を使ったデモ実験を通して、地下で起こる地震をどのように調べるのか、地震の波から何が分かるのかの解説動画です。

2021年7月10日

人工知能と磁石の物理

ミクロとマクロ(のモデル)をつなぐ鍵である分配関数の計算方法の一例として、磁石の物理として知られるイジングモデルを使って統計力学について説明します。また統計力学が連想記憶モデルにどのように応用されているかにも触れます。

2021年7月10日

火星に生命は存在するのか?地球の岩の中で生きる微生物が物語ること

火星と地球は、内部構造は同じ惑星です。地球上の岩石内で生きる微生物が、火星上にも生命が存在する可能性を示しているお話しをします。

2021年7月10日

揺れない地震の話

GPSなどを用いた最新の観測技術で、地振動を伴わないゆっくりとした地震(スロースリップ)は日々観測されています。まだ始まったばかりのこの研究が、これからの地震予測へどのように役立てていけるのかについて講義します。

2021年7月10日

素粒子実験でわかってきた対称性と真空の不思議:LHC加速器でヒッグス粒子に迫る

素粒子物理学の概要と研究の最前線の動向を紹介するとともに、ヒッグス粒子実験によって明らかになった宇宙の「真空と対称性」の不思議をお話しします。

2021年7月10日

原子核を突っついてみる

原子核の基礎的な知識や元素にまつわる研究を紹介しながら、散乱実験による原子核の状態変化を用いた研究手法についてお話します。

2021年7月10日

衛星と人工知能で理解する地球の今

機械学習に基づく地球観測衛星の画像解析で、一体どのようなことが可能になるのでしょうか。この疑問について、高校数学が機械学習においてどのように重要となるのかを紹介しながら解説します。

2021年7月10日

宇宙にも利き手があるらしい?

素粒子の計測から宇宙における「対称性の破れ」の起源の解明へ、講師自身が研究を始めたきっかけや学問的意義をお話しします。

2021年7月10日

消えた反物質の謎、またはなぜ宇宙に物質は残ったのか

この講義では、反物質の基礎知識や発見の経緯を紹介しながら、宇宙のはじまりの謎に迫ります。

2021年7月10日

大学数学暼見

高校数学と大学数学の違いとはなんでしょうか。そもそも数学とはどのような学問なのでしょうか。数理科学研究の多くで用いられる微積と線型代数を例に解説します。

2021年7月10日

植物学の"穴場":気孔の進化発生生物学

理学系研究科に所属する大学院生が、植物の気孔の成長を手がかりに、身近な植物や発生生物学の魅力、研究の醍醐味について講演します。

2021年7月10日

感染症の危険、医療の提供、自由の制約――感染症対策の関連と背後にある「分配」について

新型コロナウイルスの感染者と非感染者に対する行政の措置に着目し、それぞれの制約の目的やその基礎にある思考を、法学の観点から解説します。

2021年7月10日

ミニ講義:『水分解』で環境・エネルギー問題に挑戦する

この講義では、再生可能エネルギー由来の電力を用いた「水の電気分解による水素の製造」を取り上げます。なぜ水素を作り、またどうやって効率的に作るのかについて、化学工学や物理化学の基礎を織り交ぜながら解説します。

2021年7月10日

教員インタビュー:『化学』と『物理』と『生物』の垣根を越えて

「物理」「生物」工学の研究者である杉原講師がなぜ「化学」システム工学専攻の仲間になったのか、「化学」「物理」「生物」の垣根を越えて研究を行っている杉原講師にインタビューしました。

2021年7月10日

教養学部長挨拶

「教養学部を語ることは東京大学を語ること!」森山工 教養学部長よりご挨拶です。

2021年7月10日

統合自然科学科紹介

統合自然科学科長および所属学生による統合自然科学科紹介です。

2021年7月10日

ALESS/ALESAプログラムデモンストレーション

ALESS/ALESAプログラムの紹介と、プログラム参加学生による研究発表です。

2021年7月10日

「革新分子技術」総括寄付講座・中村栄一研究室:研究紹介

科学者は人々に社会問題の解決策と夢を提供する必要がある

2021年7月10日

ようこそ総合図書館へ・2021[日本語字幕]

総合図書館は、東京大学の図書館・室の中でも最大規模の、本郷キャンパスにある図書館です。 本館の歴史ある美しい建物内部や貴重な資料に加え、300万冊を収蔵できる自動書庫、知の交流を促す新しい学習スペースを持つ別館をご紹介します。

2021年7月10日

Introduction to PEAK [EN]

東京大学教養学部英語コース PEAK(Programs in English at Komaba)をご紹介します。

2021年7月10日

PEAK Q&A Corner [EN]

東京大学教養学部英語コース PEAK(Programs in English at Komaba)に関するQ&A Cornerの録画配信です。

2021年7月10日

研究科長挨拶

大学院数理科学研究科長からの挨拶と研究科紹介です。

2021年7月10日

地球が宇宙へ放つ情報

地球は宇宙にどんな情報を発信しているのでしょうか?

2021年7月10日

東京大学大学院理学系研究科 木曽観測所より:木曽観測所の紹介

木曽観測所より施設のご紹介をいたします。宇宙のささやきに耳を傾けてください。

2021年7月10日

多面体の話

多面体に関する数学の奥深さ、このお話を通じて感じてください!

2021年7月10日

宇宙最大の謎!?モンスターブラックホールの誕生に迫る!

銀河の中心に鎮座するモンスターブラックホールは一体どのように生まれたのでしょうか?

2020年9月21日

東京大学大学院理学系研究科 木曽観測所より:KISO 105cm シュミット望遠鏡

木曽観測所より施設のご紹介をいたします。宇宙のささやきに耳を傾けてください。

2021年7月10日

理学部説明会

星野真弘学部長より、10学科と附属施設のご説明、理学部にどのような魅力があるか、そして理学部の未来についてお話をします。

2021年7月10日

IMF・東京大学共催:オンラインコンファレンス

セッション3:金融規制 [EN]

金融規制は、金融リスクに対応しグッドガバナンスを確立するための大切な要素です。このセッションでは、世界金融危機から得た金融規制上の教訓と、その教訓を金融リスク対応にどのように活用し得るか議論します。具体的には、規制政策とその影響、銀行セクターにおける問題解決枠組み、支払能力と流動性の管理、そして現在の危機に対して既に適用されている世界金融危機からの教訓について議論します。

2020年11月25日

セッション2:国際協力、リスク・マネージメント [EN]

このセッションでは2回のパネルディスカッションにより、コロナ危機下で協力を最大限に活用したリスク管理を行うか、フィンテックや類似分野による構造変化や技術革新、またその変化がより広範な金融安定性と危機管理策の制度設計に与える影響について探ります。

2020年11月24日

セッション1:危機管理 [EN]

金融危機を管理し防止するためには国際協調が重要です。このセッションでは、世界金融危機から得られた経験を活かし、現在の危機下での政策対応を検証し今後の課題を考察することで、政策立案者にとっての広範な課題と教訓を探ります。

2020年11月23日

セッション3:金融規制

金融規制は、金融リスクに対応しグッドガバナンスを確立するための大切な要素です。このセッションでは、世界金融危機から得た金融規制上の教訓と、その教訓を金融リスク対応にどのように活用し得るか議論します。具体的には、規制政策とその影響、銀行セクターにおける問題解決枠組み、支払能力と流動性の管理、そして現在の危機に対して既に適用されている世界金融危機からの教訓について議論します。

2020年11月25日

セッション2:国際協力、リスク・マネージメント

このセッションでは2回のパネルディスカッションにより、コロナ危機下で協力を最大限に活用したリスク管理を行うか、フィンテックや類似分野による構造変化や技術革新、またその変化がより広範な金融安定性と危機管理策の制度設計に与える影響について探ります。

2020年11月24日

セッション1:危機管理

金融危機を管理し防止するためには国際協調が重要です。このセッションでは、世界金融危機から得られた経験を活かし、現在の危機下での政策対応を検証し今後の課題を考察することで、政策立案者にとっての広範な課題と教訓を探ります。

2020年11月23日

東京大学公開講座:論理

法学の論理、憲法学の論理

同じく「論理」を展開させるといっても、法律家の論証と数学や論理学の証明問題を解くのとは、同じではないでしょう。では、どこが違うのでしょうか。憲法学の場合はどうでしょうか。目が眩むほど大きな問いですが、具体例を手がかりとしながら探ってみようと思います。

2020年11月22日

AIの論理と倫理

初期ガンの発見や将棋において、Alは人間より優れた能力を示し、優れた結果をもたらします。「Alを進展させれば、すぐれた環境に身をおくことになり、私達は幸せになる」という論理のもつ倫理性について論じます。

2020年11月22日

計算と論理

コンピュータの計算は、真偽値に関する論理演算の組み合わせで実現されています。さらに高所から眺めれば、計算を記述する「プログラム」と論理式の「証明」には表裏一体の関係が見出せます。本公演では、このような計算と論理の間の豊かな関係を垣間見ていただきます。

2020年11月7日

数学を論理で読む

数学は論理的に組み立てられた学問ですが、その組み立てはどのようになされているのでしょうか?ここでは数学での最も基本的な対象である自然数を例にとって、組み立てられていくさまを垣間見てみます。

2020年11月7日

論理学とは何か?

「論理学(ロジック)」は紀元前4世紀のギリシアで成立した哲学の一部門です。その成り立ちと歴史を検討することで、西洋の論理学がどのような特徴をもち、私たちの思考や世界とどう関わるかを考えます。

2020年11月7日

狂ATE the FUTURE

立ち止まるための工学で、水を思考し続ける

全ての人が生きるために重要な資源だからこそ、誰もが水にアクセスできる必要がある。何も考えなくても水が使える世界で、改めて水の大切さについて考える。

2021年9月18日

全人類を、フィジカルに宇宙へ連れていく

「宇宙ビジネス」と聞くと、夢やSFのように感じる人も多いだろう。しかしそれは、私たちが思うよりも、もう少し近くにあるのかもしれない。

2021年9月18日

血が沸きたつ科学の面白さを語り合いたい。

中学生の時に出会ったドラマで、化学のかっこよさに惹かれた長原さん。彼を突き動かす、「血が沸きたつ」ような科学の面白さとは?

2021年7月9日

人々の健康に貢献する、社会システムを創りたい。

いくら良い医薬品でも、良い製造技術でも、患者さんにその医薬品が届かなければ意味がない。細胞培養から工場生産、医療現場や社会制度まで、様々な専門家が日々奮闘する中で思い描く夢とは!?

2021年7月9日

科学で芸術作品を創りたい。

小野寺さんはグラフェンという物質で新しいデバイスを作るための研究をしています。職人のように作られたデバイスは美しく、まるで小宇宙のよう。科学全体が芸術作品であると言う彼女が見る、デバイスの小宇宙とは!?

2021年5月26日

本質を再現した、バーチャル空間を創造する。

バーチャル空間に体の一部が持ち込まれることがVRの魅力だと感じた中川さんは、より現実の身体感覚がバーチャルに持ち込まれるよう、コントローラーだけでなく、椅子などの現実の環境をハックしてVR作品を生み出しています。

2021年5月26日

日本の金鉱山研究の、スターになりたい。

社会課題を解決すべく国連を目指していた石田さんが、全く知らなかった金鉱山研究を選んだ理由を話します。

2021年5月26日

世界を変えちゃう、物理原理を発見したい。

太陽電池の授業をきっかけに、物質の中に広がる宇宙を探索する道を選んだ藤代さんは「全く新しい物理原理を発見して、人類を救いたい!」と語ります。

2021年5月26日

ロボットが生活に融けこんだ社会にしたい。

東大のサークルRoboTech(ロボテック)では、ロボコンに勝つことを目的に、能力が高ければクセも強い様々なメンバーが集まっています。そんなメンバーが集まるからこそ完成したロボットで2020年、NHK学生ロボコンとABUロボコンで1位に輝きました。

2021年5月26日

東京大学大学院HSP春季シンポジウム

ミャンマーにおける人間の安全保障:COVID-19の影響と日本の役割 [EN]

人間の安全保障の観点から、ミャンマーの人々の生命を守るための問いを掘り下げていくシンポジウムです。

2021年7月10日
もっと見る