検索結果 – 115 アイテムが検索語に該当

ロボットは人間にとって何なのか?

人間は太古の昔から、ロボットのような人工的な生命体を作ろうとしてきた。しかしこれらは一方で、不気味さといかがわしさと、ある種のあこがれが常につきまとう。過去の事例や文学作品を参照しながら、ロボットと人間社会の関係を考えます。

2006年10月7日

開講の挨拶

東京大学公開講座「成熟」の開講にあたって、東京大学総長 小宮山宏より御挨拶いたします。

2008年9月20日

閉塞と成熟―中国明代の詩と小説

中国明代、詩は出版文化の隆盛によって空前の普及を見せ、さらには『三国志演義』『水滸伝』などの通俗小説も生み出された。こうした中国明代の文学作品を材料に、閉塞と成熟について考えてみたい。

2008年10月18日

閉講の挨拶

東京大学公開講座「成熟」の閉講にあたって、東京大学副学長 濱田純一より御挨拶いたします。

2008年10月18日

ことばを通してコンピュータの気持ちを知る

この講義では、ことばが理解できるコンピュータの実現をめざす自然言語処理の研究を紹介します。コンピュータになりきって、ことばの難しさや不思議さを体感してください。

2019年6月22日

詩の魅力 Charme de la poésie(日本語字幕)

2008年ノーベル文学賞受賞者であるフランスの作家ル・クレジオ氏を迎えた講演会です。ル・クレジオ氏が、自身が選んだ多彩な詩について、その魅力を語り、フランス語版を朗読します。

2018年3月15日

古代ギリシアにおける三つの無駄?

多数の裁判人が手当てをもらう裁判、上流階級がお金と時間をかけておこなう宴会、家畜を神々に捧げる犠牲。三つの「無駄」の意味を考えます。

2016年5月28日

中世の学生生活を体験しよう:図版資料から読み解く「大学」

中世哲学を専門とする大学院生が、中世の大学の授業形式や書物にもとづく学問・教育のあり方について、グループディスカッションを交えながら解説します。

2016年7月27日

教養学部説明会

東京大学のすべての学部1年生と2年生が過ごす教養学部前期課程と、3年生からの教養学部後期課程での学びについてご紹介します。

2016年8月3日

文学部説明会

東京大学で文学、哲学、歴史学、言語学、社会学などを学びたい高校生に向けた学部説明会の模様です。

2016年8月4日

東大出版会×新図書館ブックトーク

研究者と編集者が学術書を出版することについて語ります。学術情報の発信の実際とは?

2016年9月29日

エッセイの音楽性分析:頭韻とは

モダニズムを代表する作家ヴァージニア・ウルフのエッセイを例文にして、「頭韻」という韻の踏み方の美しさを紹介します。

2019年11月27日

「世界」とは何か?:哲学・歴史・文学・宗教を/から考え直す

歴史学、宗教学、哲学、文学といった学問分野において、「世界」とは何を意味し、「世界」の観点に立って研究を進めることにはどのような意義があるのでしょうか。学問分野の垣根を越えて意見交換を行い、共同研究の可能性を探ります。

2019年7月10日

文学部説明会

東京大学で文学、哲学、歴史学、言語学、社会学などを学びたい高校生に向けた学部説明会の模様です。

2019年8月8日

教養学部説明会

東京大学のすべての学部1年生と2年生が過ごす教養学部前期課程と、3年生からの教養学部後期課程での学びについてご紹介します。

2019年8月8日

論理学とは何か?

「論理学(ロジック)」は紀元前4世紀のギリシアで成立した哲学の一部門です。その成り立ちと歴史を検討することで、西洋の論理学がどのような特徴をもち、私たちの思考や世界とどう関わるかを考えます。

2020年11月7日

数学を論理で読む

数学は論理的に組み立てられた学問ですが、その組み立てはどのようになされているのでしょうか?ここでは数学での最も基本的な対象である自然数を例にとって、組み立てられていくさまを垣間見てみます。

2020年11月7日

AIの論理と倫理

初期ガンの発見や将棋において、Alは人間より優れた能力を示し、優れた結果をもたらします。「Alを進展させれば、すぐれた環境に身をおくことになり、私達は幸せになる」という論理のもつ倫理性について論じます。

2020年11月22日

法学の論理、憲法学の論理

同じく「論理」を展開させるといっても、法律家の論証と数学や論理学の証明問題を解くのとは、同じではないでしょう。では、どこが違うのでしょうか。憲法学の場合はどうでしょうか。目が眩むほど大きな問いですが、具体例を手がかりとしながら探ってみようと思います。

2020年11月22日

総合討論1:知の統合化の先へ~人間とはなにか

EMPの講師陣が、哲学、経済、脳科学、数学、工学の立場から「人間とは何か」「知の統合化の先に何があるのか」について議論します。

2018年9月12日