検索結果 – 115 アイテムが検索語に該当

〈衰退する社会〉の中の社会倫理

本講義では〈衰退する社会〉のトピックの一つである超高齢化社会について、アメリカの生命倫理学史研究を念頭に置きながら、死・臨死をめぐる多様な論点を紹介します。また哲学や思想史の知見から、近未来の社会構想について考えます。

2013年9月29日

羽生善治三冠 特別講演「格言から学ぶ将棋」

将棋から生まれた50の格言について、羽生三冠のご経験や将棋盤での例示を交えながら解説します。

2013年12月5日

立花隆と語る東大図書館

現在進行中の新図書館計画に関連するトークイベントとして、著作『天皇と東大』等で東大の歴史を見つめてきた立花隆氏の講演会を開催しました。

2013年5月17日

鴎外、漱石、三島も読んだダンヌンツィオ

日本でも多くの作家に愛された20世紀初頭イタリアの詩人ダンヌンツィオの作品と驚きの人生を辿ります。

2013年11月23日

文学部説明会[日本語字幕]

東京大学文学部の文学部の歴史、構造、研究・教育内容、さらに卒業後の進路についてお話します。

2020年9月21日

教養学部説明会[日本語字幕]

東京大学教養学部の構造やカリキュラム、特徴的なプログラム、駒場キャンパスの紹介を行います。

2020年9月22日

問いを生み出す哲学塾

いい質問、してますか? 東大TVのコンテンツを使いながら、参加者がみずから問いを立て、「哲学者になる」体験をするワークショップです。

2016年11月18日

開会の辞

このシンポジウムでは、アジアの中の知や財の共有のあり方を見直し、そこからアジアをめぐる知や情報の共有の現在と未来を考えます。

2015年1月31日

趣旨説明

アジアの<共有>・知の<共有>というタイトルで行われた本シンポジウムの趣旨を説明します。

2017年1月29日

近世中国における「法帖」の刊行・流通と書文化の変容について

明清時代を中心として、各時代の法帖刊行の実態やそれによって生じた書文化の変容についてお話します。

2017年1月29日

開会の挨拶

シンポジウム全体の趣旨を説明します。

2017年3月18日

TOKYO : REPRESENTATION AND REALITY

プリンストン大学の学生と東京大学の学生で行った東京での研修について、学生の報告を交えながら紹介します。

2017年3月18日

Cool Hokkaido:グローカルな文化研究を創造する

北海道大学で開催された、短期集中型の英語による国際研修授業「PMF2016」について”COOL”、”魅力ある”をキーワードにご報告します。

2017年3月18日

文化外交政策をデザインしてみよう:文化外交先進国フランスの事例に学ぶ

文学者であり外交官でもあったクローデルが日本でおこなった文化外交の事例をもとに、文化外交政策とはどのようなものか、何のためになされるのかを解説します。

2016年2月12日

青春を書く、老年を書く(日本語字幕)

2008年ノーベル文学賞受賞者であるフランスの作家ル・クレジオ氏を迎えた講演会です。 中地義和教授と、ル・クレジオ氏の文学における「青春」および「老年」の意味をめぐって対談します。

2015年12月20日

善なる自然のパラドクスー母乳育児から自然死まで

日本の育児と自然葬の変遷から、自然であることの意味と価値を問います。

2015年5月30日

人は人にとっての恵みか:人間の『社会性』をめぐる政治思想

社会性は人の恵みといえるか?哲学者の思想と論争を辿りながら考えます。

2014年11月16日

文学への情熱ともうひとつの現実の創造

2010年度ノーベル文学賞受賞者のマリオ・バルガス=リョサ氏を迎えた講演会です。

2011年6月22日

英語の発音と発音記号

英語の発音記号、24の子音と約15の母音を学びます。アメリカとイギリスの発音の違いにも着目してみましょう。

2011年12月1日

ロボットとSF:文学的想像力は科学に先行する

チェコの作家チャペックが「ロボット」という言葉を作り出して以来、SF作家たちは科学に先行するように「人造人間」への見果てぬ夢を語ってきた。この講義では、レム、アシモフなどの作品を紹介しながら、文学的想像力と科学技術の関係について検討したい。

2006年9月30日