検索結果 – 115 アイテムが検索語に該当

脳から見る人間の言語と心

人間の脳が生み出す言語の特異性が、心が生み出す芸術などにどのように反映されるのかを明らかにします。

2015年11月29日

フィクションとシミュレーション

私たちが「現実世界」として受け入れているものが、「可能世界」「虚構世界」「仮想世界」といったさまざまな「世界」に照らすとどのように見えてくるか、芸術・宗教・科学を貫く世界観のもとで考え直します。

2016年10月29日

イスラーム地域における知の獲得と利用:ウラマーとマドラサと図書館

元来共有すべきものだった知は、いつから私有されるようになったのでしょうか?イスラーム地域に焦点を当てながら、知の獲得と利用の歴史を辿ります。

2017年1月29日

コメント

中島隆博教授が、各報告、そしてシンポジウム全体についてコメントします。

2017年1月29日

ことばの起源:小鳥から学べること

私たち人類はどのように言語を習得したのでしょうか。ジュウシマツの歌の習得方法やその文法の成り立ちに着目して言語誕生の謎を解き明かそうとする研究を紹介します。

2017年11月24日

【文学部】プラトンの問いかけ

プラトンの哲学は現代の私たちにとってどのような意味をもつのでしょうか?代表的な対話篇『ポリテイア』を実際に読みながら、プラトンが何をしようとしたのかを考えてみましょう。

2017年8月3日

インド古来のサステナビリティ(ダルマ):秩序と規範の一体性

持続可能な世界の保持に向けて、何をなすべきかが問われています。世界の秩序を維持する「秩序・理法」があると考えるインド古来のダルマ観を見直してみましょう。

2017年11月11日

仏教が説く秩序の形成と崩壊

紀元前5世紀頃、新たな社会秩序が作り上げられた時期に生まれた仏教は、存在や社会について新たな思想を展開して、アジア各地へ大きな影響を与えました。この講義では、インド仏教研究の方法を紹介しながら、仏教経典が説く秩序の形成と崩壊を論じます。

2017年11月18日

「道」とは何か? :『論語』と『老子』の世界観

東洋思想の根幹をなす「道」という概念があります。この言葉が何を意味しているのかを、『論語』と『老子』での使用例をもとに考察します。

2017年10月21日

保育者の実践知の「パターン・ランゲージ」開発

ある領域における問題発見・解決の実践知を言語化したものである「パターン・ランゲージ」の研究をご紹介します。

2018年8月5日

文学部説明会

東京大学で文学、哲学、歴史学、言語学、社会学などを学びたい高校生に向けた学部説明会の模様です。

2018年8月2日

教養学部説明会

東京大学のすべての学部1年生と2年生が過ごす教養学部前期課程と、3年生からの教養学部後期課程での学びについてご紹介します。

2018年8月2日

「教」とは何か?:近世・近代日本における「教」の歴史

この講義では、東アジアで共有されてきた普遍的概念「おしえ」が近世近代日本において如何に近代化されたのかを紹介します。

2018年10月20日

ミャンマー仏教の世界:仏と共に生きる人々

ミャンマーでの現地調査で得た情報にもとづいて、みなさまをミャンマー仏教の世界へと誘います。

2018年10月20日

開講の挨拶

東京大学公開講座「想像力」の開講にあたって、人文社会系研究科長 中地義和より御挨拶いたします。

2012年4月7日

分析力・洞察力・想像力―エドガー・アラン・ポーをめぐって

エドガー・アラン・ポーの宇宙論「ユリイカ」を題材に、文学と科学に共通する(かもしれない)「想像力」のあり方について考えます。

2012年4月14日

閉講の挨拶

東京大学公開講座「ネットワーク」の閉講にあたって、新領域創成科学研究科長 上田卓也より御挨拶いたします。

2012年11月3日

言文一致体小説の技法

本講義では、現在に至るまで人々を魅了し続ける彼らの小説の技法についてお話しします。

2012年11月23日

講演「文学の明日を考える」

ホームカミングデイ 文学部 「文学の明日を考える」 菅野昭正名誉教授 近代フランス文学

2011年10月29日

シンポジウム「現代文学における「私」をめぐって」

「現代文学における『私』をめぐって」 ホームカミングデイ 文学部 菅野昭正名誉教授 近代フランス文学

2011年10月29日