検索結果 – 168 アイテムが検索語に該当

会社の『寿命』を測る

人間や機械とは異なり、会社には理屈の上では寿命はありません。しかし、実際には会社もどこかの時点で衰え、消えていきます。それでは、会社の寿命はいったいどれぐらいなのでしょうか? 本講義では、戦後日本の大企業を取り上げて、このような問いについて考えていきます。

2013年6月1日

少子高齢化とお互いさま

五月祭 少子高齢化 人口変動

2013年5月18日

EXPECTOLOGY

五月祭 デザイン 五感 発想 期待学

2013年5月18日

Unity の開発環境が生み出す可能性

シリアスゲーム ゲーミフィケーション 社会問題 デザイン ゲームデザイナー Unity

2013年11月26日

137億年の物語ができるまで(英語・字幕なし)

世界的科学ジャーナリストのロイド氏が、137億年に渡る地球の歴史を文理の枠を超えて紐解きます。

2013年7月17日

137億年の物語ができるまで(日本語字幕)

世界的科学ジャーナリストのロイド氏が、137億年に渡る地球の歴史を文理の枠を超えて紐解きます。

2013年7月17日

137億年の物語ができるまで(英語字幕)

世界的科学ジャーナリストのロイド氏が、137億年に渡る地球の歴史を文理の枠を超えて紐解きます。

2013年7月17日

閉講の挨拶

東京大学公開講座「ホネ」の閉講にあたって、東京大学 総長 濱田純一より御挨拶いたします。

2010年11月6日

ストレスによる病を防ぐ

様々な身体疾患が「ストレス」による悪影響を受けることが知られており、そのような病態を「心身症」と呼んでいます。本講義では、「心身症」を中心としたストレス関連疾患の紹介と対人関係を含めた実生活におけるストレス評価および治療法に関する最新の知見を紹介します。

2010年5月8日

土砂災害を防ぐ

土砂災害がもたらす深刻な被害を防止軽減するために、土砂移動が発生するメカニズム解明、土木工事と避難警戒システムの構築による対応が進められている。理学、工学、社会科学などの視点を組み合わせた典型的な総合科学の姿を紹介する。

2010年5月15日

赤ちゃんはロボットをどう認知するか?

近年の乳児研究では、人間の赤ちゃんが非常に初期から「ヒト」とそうでないものを区別する能力を持っていることが示されつつある。では赤ちゃんが初めてロボットと対峙した時、彼らはそれを「機械」とみなすのか、「生き物」とみなすのか? 「物」と「者」の狭間にある「ロボット」の可能性について展望する。

2006年10月14日

開講にあたって

東京大学公開講座「力<チカラ>」の開講にあたって、法学政治学研究科長 井上正仁より御挨拶いたします。

2007年9月22日

戦後日本におけるアメリカニズムと権力

戦後日本における「アメリカ」のパワーの二面性に焦点を当てながら、日本人の中にある親米意識の深層力学を探っていく。

2007年10月20日

開講の挨拶

東京大学公開講座「成熟」の開講にあたって、東京大学総長 小宮山宏より御挨拶いたします。

2008年9月20日

民主主義と成熟 メディア社会

我々が情報化社会のなかで、どのようなジャーナリズムのあり方を構想してゆけばよいかについて問題提起をしていきたい。

2008年9月27日

自己の発達・成長-乳児から大人への変遷

我々は「自己」と「他者」をどのように弁別・理解しているのだろうか? この講義では、「自己」と「他者」の発達的な理解を目指して我々が行っている発達認知神経科学的アプローチについて紹介する。

2008年10月4日

閉講の挨拶

東京大学公開講座「成熟」の閉講にあたって、東京大学副学長 濱田純一より御挨拶いたします。

2008年10月18日

開講にあたって

東京大学公開講座「バランス」の開講にあたって、農学生命科学研究科長 生源寺眞一より御挨拶いたします。

2008年4月5日

心の適応と不適応のバランス

うつや不安といった心理病理は、不適応と適応の両面があり、そのバランスをとることが大切です。心理病理をコントロールしながら共存する、「認知行動療法」についてお話しします。

2008年4月5日

いかにして『地球』と『日本の国益』のバランスをとるか(閉講の挨拶)

東京大学公開講座「バランス」の閉講にあたって、東京大学総長 小宮山宏より御挨拶いたします。

2008年5月17日