検索結果 – 275 アイテムが検索語に該当

逆都市化時代のまちづくり

人口減少とともに、日本の多くの都市圏では人口減少する逆都市化時代を迎える。高密度社会の長所でもあった効率性や、環境への負荷の少なさなどを継承しつつ、ゆとりある都市社会を形成していくには何をしていけばよいかを考える。

2006年4月22日

実験科学分野のための学術プレゼンテーション

このビデオは、実験科学分野での学術プレゼンテーションをより効果的に行うための方法を紹介することを目的とし、「内容と構成」、「伝え方」、「視覚資料」、「質疑応答」の4章から構成されています。

2019年5月22日

開講の挨拶

東京大学公開講座「ネットワーク」の開講にあたって、東京大学 理事 江川雅子より御挨拶いたします。

2012年9月29日

ソーシャルネットワーク分析 ー人はどうつながるのか

大規模なソーシャルネットワークの分析結果を基に、人と人とのつながりがどのようにしてできるのか、そして、人のつながりにはどのような形があるのか?という疑問を解いていきます。

2012年9月29日

知のつながりとイノベーション ~遊び心という文化~

イノベーションゲーム(R)から生み出された思考のコンテンツをもとに、遊び心のある会話の大切さを論じます。

2012年10月6日

山崎直子宇宙飛行士「帰地球」報告会

2010年4月に宇宙ステーションの短期滞在ミッションを遂行し帰還した、山崎直子宇宙飛行士の講演会です。打ち上げ時のスペースシャトル内の様子、宇宙ステーションでの実験や生活の様子など、宇宙での貴重な体験をビデオや写真も交えて紹介します。

2010年7月8日

錯覚とVR技術

VR(バーチャルリアリティ)技術とは、デジタル技術を駆使して疑似的体験をつくり出す技術のことを指します。本講義では、これまで難しいとされてきた触力覚、嗅覚、味覚などを中心に新しい感覚の技術について語ります。

2011年9月10日

だまして分かる脳が身体を操るメカニズム

本講義では、いわば「脳をだます」ことによって明らかになった、脳が身体運動制御を獲得するメカニズムについて紹介します。

2011年9月10日

「はやぶさ」にみる、だましだましの宇宙船運用術

2010年6月、小惑星イトカワへの往復宇宙飛行から無事帰還した「はやぶさ」の運用は、幾多のトラブルに見舞われました。しかし、プロジェクトチームはこれらの問題点をうまくかわしながら飛行を継続させました。本講義では、その苦心にみちた探査機とのやりとりの実態を紹介します。

2011年9月10日

騙された空間認知と医学

3Dテレビで味わうような「臨場感」とは、「騙された認知空間に存在している感覚」とも考えることができます。ここでは「臨場感」の医学との関係と、その応用について考えてみます。

2011年10月8日

IEEE Xploreセミナー 論文投稿とキャリア形成

IEEE Xplore 電気 電子工学 コンピュータサイエンス 論文投稿 研究生活 キャリア形成

2013年11月5日

持続的な都市水利用に向けて

都市のユビキタス型水資源となりうる雨水、地下水、再生水の水量と水質の安定性や水質リスクを正しく評価して、需要と供給の調和がとれた水資源の適正配置や持続的な都市水利用システムを構築するための研究成果を紹介します。

2013年10月5日

インターネットとスマートシティー

東京大学におけるスマートビル・スマートキャンパスの取組みを取り上げながら、Internet by Designに基づく、スマートシティーの実現に向けた展望を議論します。

2013年10月5日

情報とネットワークが変える社会

インターネットで多くの人が繋がって生み出される集合知を取り上げ、これからのイノベーションを展望します。

2013年10月5日

根岸英一博士 名誉博士称号授与式・記念講演会

ノーベル化学賞受賞(2010年)などの功績を称え、根岸英一博士の名誉博士称号授与式が執り行われました。その記念講演会の動画です。

2014年3月13日

根岸英一博士 東大生との交流会

東京大学の名誉博士称号授与記念講演会の後に開催された、根岸英一博士(2010年ノーベル化学賞受賞)と東大生との交流会の様子です。

2014年3月13日

根岸英一博士 2010年度ノーベル化学賞受賞記念公開講演会

2010年度ノーベル化学賞を受賞した、根岸英一博士の記念講演会です。

2010年11月29日

閉会の辞

2013年7月16日

日本のインフラの現状と事故災害の防止

日本の大規模インフラの多くが危険な状態にあります。災害時にライフラインを守る方策とは?

2013年5月19日