検索結果 – 102 アイテムが検索語に該当

新薬の開発と承認審査における判断 -科学か儀式かー

医薬品の製造販売の承認可否の審査では、「薬が有効で、益が害を上回ると認められれば承認が与えられる」とされます。ところで、薬の有効性とは何でしょうか?「益が害を上回る」とはどういう状況でしょうか?本講義では、現実の医薬品規制の狭間にある重大な「そもそも論」を実例を使って考えます。

2013年4月27日

食の安全を脅かす微生物

食中毒を起こす微生物と食中毒防止について取り上げ、豚レンサ球菌に関する最新の研究成果を紹介します。

2014年6月21日

バリアフリー説明会

東京大学がおこなっている障害者への配慮の取り組みについてご紹介します。

2015年8月5日

再生医学が拓く未来社会

再生医学の基礎と最先端をわかりやすく解説し、社会へのインパクトと課題について考えます。

2015年11月23日

ロボット手術の歩む道

臨床経験をふまえて、消化器外科領域におけるロボット支援手術の現状と課題についてお話しします。

2016年11月12日

医学英語論文執筆セミナー〜書かなければ、何も残らない。 学内

主に若手研究者や大学院生を対象に、英語で医学論文を執筆するメソッドを伝授するセミナーです。

2016年12月19日

呼吸で重症を見分ける

臨床研究を行っている大学院生が、誰でもできる呼吸の見分け方についてお話します!

2018年2月27日

宇宙医学と「きぼう」利用

宇宙でのヒトの健康を保つために必要な宇宙医学とその研究例をご紹介します。

2017年6月12日

【医学部】耳の働き:難聴とは?めまいとは?

耳の構造と働きから難聴の原因と治療法まで、症例を紹介しながらわかりやすく解説します。(※症例写真を含みます。予めご了承の上ご覧ください。)

2017年8月3日

細胞内のリサイクルによる秩序:オートファジー

2016年にノーベル賞受賞対象にもなった細胞内の主な分解システムであるオートファジーについて、発生や病気との関係にも触れながら解説します。

2017年11月25日

ジェネリック医薬品にまつわる縺れ:患者・産業・国際社会を取り巻く環境

この講義では、イノベーションを医療応用する際の評価や規制に存在するディレンマについてお話します。

2018年11月3日

医学部説明会

東京大学で医学や看護、健康科学を学びたい高校生に向けた学部説明会の模様です。

2018年8月2日

総長賞 授与式

平成23年度総長賞授与式より、受賞者らによるプレゼンテーションの模様を配信します。

2012年3月22日

疾患発症の謎を解明するために必要な想像力と創造力

様々な現代病に打ち勝つために、研究の場でどのように想像力を駆使し、疾患が生じるメカニズムを解明し、新しい治療法を生み出す作業をしているのか。私たちの研究成果を交えながら解説します。

2012年4月7日

妄想・幻覚と想像力―薬との接点

覚醒剤や一部の麻薬のように妄想などの思考変容をきたす薬物がありますが、これらの作用について包括的な理解はまだできていません。薬物の作用について現時点で明らかになっていることを、夢や統合失調症との比較も交えて解説します。

2012年4月21日

香りで食べ物を評価するニューロン・ネットワーク

食べ物を選んだり、食べたり、おいしいかどうか評価する際に働く嗅覚神経系のネットワークについて、最新の知識をお話しします。

2012年11月3日

ナノテクノロジーで創る「魔法の弾丸」:がんの標的治療への挑戦

DDS(ドラッグデリバリーシステム) ナノテクノロジー 薬 「魔法の弾丸」

2012年11月25日

コンゴ東部における性暴力と紛争鉱物(日本語字幕)

コンゴ東部で性暴力被害者への医療に取り組むデ二・ムクウェゲ医師が、紛争鉱物と性暴力の関係、そして国際社会の責任について語ります。

2016年10月4日

開講の挨拶

東京大学公開講座「特異」の開講にあたって、東京大学総長 濱田純一より御挨拶いたします。

2009年4月4日

医薬品の三次元構造-特異的生物活性-

大きな社会問題となったサリドマイドや、新型インフルエンザに対抗する医薬品として注目を集めるタミフルには、左手物質と右手物質が存在します。その理由、および左手物質あるいは右手物質のみを合成する方法について議論します。

2009年4月11日