検索結果 – 159 アイテムが検索語に該当

マーケティングと統計

近年の情報技術の発達によって大量の顧客データを容易に収集、保存できるようになり、顧客を理解する機会は格段に増えています。もはやマーケティングは、『売るテクニック』ではなく情報産業なのです。今回の講義では、マーケティングにおける統計の応用性を事例を交えながら紹介します。

2013年5月25日

国により単位の異なる所得や価格などを比較するにはどうするか

円高のとき海外でモノを買うと安いと感じますが、その為替レートで計算した私達の所得は世界最高水準。でもそんな実感がないのはなぜでしょう。本講義では、こうした国際比較を行う際に生じる様々な問題の所在と対処方法を紹介します。

2013年6月1日

会社の『寿命』を測る

人間や機械とは異なり、会社には理屈の上では寿命はありません。しかし、実際には会社もどこかの時点で衰え、消えていきます。それでは、会社の寿命はいったいどれぐらいなのでしょうか? 本講義では、戦後日本の大企業を取り上げて、このような問いについて考えていきます。

2013年6月1日

濱田純一東京大学総長・緒方貞子JICA理事長公開対談

東京大学と国際協力機構(JICA) 開発途上地域への国際協力事業の質の向上及び国際貢献 学術研究及び教育の発展

2010年10月18日

入門・グローバリゼイション

東京大学公開講座「グローバリゼイション」の開講にあたって、経済学研究科長 植田和男より御挨拶いたします。

2007年4月7日

グローバリゼイションと法

「市場原理万能主義」の下に、「弱きを助け、強きを挫く」という法律学の本質とは逆の現象が生じている。その理由となる背景と現実を知り、そこで得られる基本的視座をしっかりと維持した上で、他ならぬ日本国内で進行中の諸々の「改革」をも主体的に見つめ直して欲しい。

2007年4月7日

差異と同一からみた国家、市場および貨幣

二十世紀の人類への偉大な教訓は「資本主義生産様式は市場機構なくしては機能せず、この市場機構は自由な政治制度としか共存できない」ということです。資本の論理と政治力学から、二十一世紀の国際政治経済の動態を読み解きます。

2007年4月7日

グローバリゼイションと日本農業

貿易自由化は我が国経済の発展に寄与したが、食料の海外依存度はカロリー・ベースで60%まで高まった。大きな社会的コストを勘案せずに、狭義の効率のみを追求してよいか否か。今こそ「日本に農業はいらないのか」を、真剣に国民的に議論すべき時がきている。

2007年4月21日

経済のグローバル化と日本農業のゆくえ

経済のグローバル化はモノばかりでなくヒトやカネ、サービスまでもが国境を越えて自由に行き来することを目指しています。農業も例外ではありません。こうしたグローバル化の中で日本の農業はどのように変わっていくのでしょうか。

2007年4月21日

グローバル化と日本の競争優位 -現場発の視点で-

経済がグローバル化することの一つの意味は、国ごと産業ごとの国際競争力の有無が顕在化することである。本講義では「日本は人工物である」というものづくり論の基本に戻り、現場発での日本の産業競争力を考えてみることにする。

2007年5月19日

世界の持続的発展と『課題先進国』日本(閉講の挨拶)

東京大学公開講座「グローバリゼイション」の閉講にあたって、東京大学総長 小宮山宏より御挨拶いたします。

2007年6月2日

開講にあたって

東京大学公開講座「力<チカラ>」の開講にあたって、法学政治学研究科長 井上正仁より御挨拶いたします。

2007年9月22日

ものづくりを諦めたアメリカ、マーケティングの出来ない日本:顧客の力を探る

最近のマスコミによる『ものづくり』ブームに警鐘を鳴らす。製造業志向の『ものづくり』から変身しなければ、日本に未来はない。

2007年10月20日

開講の挨拶

東京大学公開講座「成熟」の開講にあたって、東京大学総長 小宮山宏より御挨拶いたします。

2008年9月20日

経済の成熟と社会保障

高度成長を経て成熟化した日本経済は、人口増加の終焉によって、あらたな成熟化を迎えようとしている。この変化は、日本人の生活水準にどのような影響を与えるのだろうか。

2008年9月20日

閉講の挨拶

東京大学公開講座「成熟」の閉講にあたって、東京大学副学長 濱田純一より御挨拶いたします。

2008年10月18日

開講にあたって

東京大学公開講座「バランス」の開講にあたって、農学生命科学研究科長 生源寺眞一より御挨拶いたします。

2008年4月5日

効率と公平ー税制改正におけるバランス

効率性と公平性の2つの基準は、経済政策を評価する上で基本的な概念である。効率性と公平性のバランスをどのように図るのが望ましいのか、また、実際にはどちらに重点が置かれているのかを考える。

2008年4月26日

いかにして『地球』と『日本の国益』のバランスをとるか(閉講の挨拶)

東京大学公開講座「バランス」の閉講にあたって、東京大学総長 小宮山宏より御挨拶いたします。

2008年5月17日

Comments on Jerry Schiff:A “very good crisis”? ーThe IMF, the Global Financial Crisis and Implications for Reform [EN]

リーマンショック以降の世界金融危機にIMFはどのように対応したのでしょうか? そこから得られる教訓とは? シフ氏の講演を受けて、求められるIMF改革について伊藤隆敏教授が自身の見解を述べます。

2019年6月27日