検索結果 – 33 アイテムが検索語に該当

Global x Work x Discovery:田村 正(紙漉き職人)

和紙が出来上がる瞬間の感動を国内外で伝え続ける紙漉き職人の田村氏が若者に語るメッセージとは?

2015年3月24日

教養学部説明会

東京大学の学部1年生と2年生が過ごす教養学部前期課程に加え、3年生からの教養学部後期課程での学びについてご紹介します。

2015年8月5日

フィクションとシミュレーション

私たちが「現実世界」として受け入れているものが、「可能世界」「虚構世界」「仮想世界」といったさまざまな「世界」に照らすとどのように見えてくるか、芸術・宗教・科学を貫く世界観のもとで考え直します。

2016年10月29日

DINO-A-LIVEの紹介

まるで生きているような恐竜を目の前で体験するというON-ARTのプロジェクト「DINO-A-LIVE(ディノアライブ)」を紹介します。

2017年6月19日

21世紀における日本文化の役割と政策提言

国立新美術館館長・青木保氏が、日本の文化政策の課題と今後の方策について語ります。

2017年6月19日

Digital Art by teamLab

チームラボ代表の猪子寿之氏が、チームラボで制作し、世界中で展開しているデジタルアート作品を紹介します。

2017年6月19日

開会挨拶

文化政策が変化しつつある現状に照らし、今後に向けてどのような展開があり得るのか、どのような課題があるのかについて考えます。

2017年6月19日

New Luxury World from Japanese Crafts

ファッションジャーナリストである生駒芳子氏が、日本の伝統工芸と海外ブランドのコラボプロジェクトをはじめとするご自身の活動について語ります。

2017年6月19日

日本の文化政策、近年の変容

日本の文化政策の対象領域や目標など、本シンポジウムの議論のベースとなる部分をご紹介します。

2017年6月19日

ディスカッション

これからの日本の文化政策の可能性や課題について議論します。

2017年6月19日

東京大学駒場博物館所蔵の一高絵画資料の概要:一高伝来の「歴史画」について

東京大学教養学部の前身である第一高等中学校(通称「一高」)には、歴史的な日本絵画が数多く収集・保管されていました。芸術と教育、そして歴史が交差する絵画の世界をご紹介します。

2017年11月26日

地域アートってなんだろう?:アーティストの眼、地域の眼

地域芸術祭に行ったことがありますか?この講義では、様々な角度から地域芸術祭について考えます。

2017年7月26日

文学部説明会

東京大学で文学、哲学、歴史学、言語学、社会学などを学びたい高校生に向けた学部説明会の模様です。

2018年8月2日

教養学部説明会

東京大学のすべての学部1年生と2年生が過ごす教養学部前期課程と、3年生からの教養学部後期課程での学びについてご紹介します。

2018年8月2日

フィクションという探求(日本語字幕)

2008年ノーベル文学賞受賞者であるフランスの作家ル・クレジオ氏を迎えた講演会です。 中地義和教授と、詩や映画の話を交えながら、ル・クレジオ氏の著作を巡って対談します。

2009年11月29日

印象派 ―西洋絵画を変えた画家たち

作品を具体的に紹介しながら、印象派の絵画の革新性を浮き彫りにします。

2011年11月26日

変わる中国人の対日認識

この60年の中国映画に描かれた日本を振り返り、表現の裏にある対日認識の変遷を浮き彫りにします。

2013年10月6日

明末杭州の画家・藍瑛 :その家族と工房の経営戦略

明末杭州の画家・藍瑛は、なぜヒット商品を生み出し、市場の中で成功することができたのでしょうか? 彼の生きた時代と場所、そして藍瑛絵画の特質や流通経路といった側面から、その理由を考えます。

2016年10月15日

近世中国における「法帖」の刊行・流通と書文化の変容について

明清時代を中心として、各時代の法帖刊行の実態やそれによって生じた書文化の変容についてお話します。

2017年1月29日

EXPECTOLOGY

五月祭 デザイン 五感 発想 期待学

2013年5月18日