検索結果 – 1135 アイテムが検索語に該当

開会の辞

図書館の知とアジア研究の知の協働・融合を目指すU-PARLの設立の経緯、組織、目的についてお話しします。

2015年1月31日

<アジア>を考える:インドの事例に見るその意味と困難

「アジア研究図書館」計画と、インド研究の視点から見るその課題についてお話しします。未来の図書館のあるべき分類とは?

2015年1月31日

特別講演:IUCNレッドリスト

絶滅危惧種選定の詳細や、その後の東京での会合・調査について、国際自然保護連合(IUCN)のMatthew Gollock博士が報告しました。(英語音声)

2014年7月27日

シラスウナギ対策

養鰻業の立場からウナギの保全のためにできる取り組みはないか?全国養鰻漁業協同組合連合会会長が登壇し、現在の対策を報告します。

2014年7月27日

石倉設置によるウナギの隠れ処づくりと内水面漁協の取り組み

ウナギの河川環境を向上させるための策として、全国内水面漁業協同組合連合会からは「石倉」を設置する取り組みが紹介されました。

2014年7月27日

うなぎを食べながら守るということ

ウナギを消費者に提供する立場から、食文化の継続と資源を守ることの両立について語っていただきました。

2014年7月27日

ウナギの資源管理について

ウナギ資源を管理する枠組みづくりを担当する行政の立場から、国内そして国際的な資源管理の政策についてお話いただきました。

2014年7月27日

ニホンウナギ保全方策検討調査について

未解明な部分も多いニホンウナギの生息環境を調査し効果的な保全策へ繋げようとする環境省の取り組みの報告です。

2014年7月27日

ウナギと河川環境

シラスウナギ漁の重要な拠点である利根川を事例に、外来魚による影響や河川の生態環境調査、魚道の整備状況などを報告します。

2014年7月27日

総合討論:人とうなぎの共存を目指して

登壇者が一同に会し、聴衆を交えてこれからのウナギと人の関係のあり方について議論します。

2014年7月27日

開会の辞

東日本大震災後の放射性物質の影響に関する研究について、第九回目の報告会の模様をお伝えします。

2014年6月14日

農学生命科学研究科全体の取組について

原発事故からの復興に寄与する研究科の取組について、第八回までの報告を振り返ります。

2014年6月14日

森林における放射性物質対策と林業再生に向けた取組み

日本の森林の現状を俯瞰し、原発事故後の福島の森林および林業への影響についての調査結果を報告します。

2014年6月14日

木の中の放射性セシウム

木の中に放射性セシウムがどれほど取り込まれているか、南相馬市の松や杉を調査・分析した結果を報告します。

2014年6月14日

放射性セシウムの地表面濃度の現場測定法と測定例

木の中に放射性セシウムがどれほど取り込まれているか、南相馬市の松や杉を調査・分析した結果を報告します。

2014年6月14日

セシウム蓄積の異なるイネの話

セシウムの蓄積動向を品種ごとに調査したほか、肥料の影響にも着目した調査報告です。

2014年6月14日

ダイズの放射性セシウム吸収について

福島県飯舘村での現地検査を中心に、ダイズのセシウム吸収の経過やメカニズムの研究について報告します。

2014年6月14日

閉会の辞

東日本大震災後の放射性物質の影響に関する研究について、第九回目の報告会の模様をお伝えします。

2014年6月14日

仏教学知識基盤から照らすデジタル・ヒューマニティーズの現在と図書館の未来

人文学の知を可視化し研究を支援するデジタル・ヒューマニティーズの実例を紹介しつつ、アジア研究図書館のあり方を展望します。

2015年1月31日

漢籍の境界

漢籍という視点から、とりわけその境界におけるダイナミズムという視点から、 「アジアとは何か」を考えます。

2015年1月31日