藤原 帰一検索結果 – 14 アイテムが検索語に該当

Fireside Chat Regarding U.S. International Economic Engagement [英語]

米国国務省  国務次官(経済成長・エネルギー・環境担当)のキース・クラック氏をお招きしたトークセッションです。藤原帰一教授(未来ビジョン研究センター長・法学政治学研究科)とともに、アメリカの国際的経済関与について語ります。

2019年11月7日

戦争と平和の条件

東大 図書館 戦争 平和 国際政治 大学 教育

2014年6月16日

趣旨説明

藤原帰一センター長が、デニ・ムクウェゲ医師を迎えた講演会の、企画の趣旨を説明します。

2019年10月4日

ディスカッション「世界を知る力」

東大 図書館 戦争 平和 国際政治 大学 教育

2014年6月16日

Empire of Hope: The Sentimental Politics of Japanese Decline [EN]

日本政治の研究者、デイビッド・レーニー教授をゲストに招いたセミナーです。著書「Empire of Hope:The Sentimental Politics of Japanese Decline」を中心に、感情と政治のつながりに関する研究についてお話します。

2019年5月10日

科学技術と安全保障:米中技術競争の行方と日本の政策課題

前内閣官房副長官補(前国家安全保障局次長)の兼原信克氏をお招きしたフォーラムです。近年激しさが増している米中技術競争の行方と、日本の政策課題について議論します。

2020年7月9日

Part 3: Democratic Peace, Democratic Wars(英語) 学内

民主的平和論の再評価について触れ、武力による民主化が国際平和に益するケースを議論します。

2013年10月5日

Part 2: Power Transition and War(英語) 学内

国際的な力関係の変化と覇権争いについて、スペインやイギリス、日本や中国などを例に議論を深めます。

2013年10月5日

Part 4: Conditions for Peace(英語) 学内

恒久的な平和をどう成し遂げるのか?国際政治の枠組みで考察し、コースを締めくくります。

2013年10月5日

Part 1: When is War Necessary(英語) 学内

Courseraのオンラインコースとして全世界に向けて開講された国際政治の講義を学内関係者限定で配信します。

2013年10月5日

予測不可能な未来

国際政治において未来の予測可能性が低いなかで、どのように対外政策を組み立てればよいでしょうか。この基本課題から出発し、安全保障のジレンマ、権力移行等が国際政治に与える影響を考えます。

2019年11月9日

UN Peace Operations: Today and Tomorrow [EN]

国連活動支援担当事務次長のアトゥール・カレ氏と内閣府国際平和協力本部事務局長の岩井文男氏を招いたセミナーです。国連平和活動の現状と展望を学び、国連平和活動を通じて世界の永続的な平和にどのように貢献できるかを考えます。

2019年10月16日

国際政治における権威・権力・暴力

国際政治は力の支配する世界。いかにも当たり前の議論だが、兵隊が大きければよいというわけでもない。国際政治における「力」の多様な源泉とありかたについて探ってみたい。

2007年10月20日

外交は世論に従うべきか

選挙によって政権が交代した場合、新たな政権はそれまでの政府がとってきた外交政策を変えることが許されるのか? 国際政治の古典的問題を考えます。

2012年11月24日