学生検索結果 – 646 アイテムが検索語に該当

困難を抱えた学生に教員が対応するとき 学内

心の不調を抱える学生をどうケアしていくか?教員としてできることを考えるための映像資料です。

2014年1月1日

就職活動篇1:就職活動を始める前に

日本における学生の就職活動は世界の中でも独特で、近年は様々な変化も生じています。学生の方々が就職したいと思うのは当然のことですが、就職活動によって大学生活や勉学が損なわれてしまうならば、それはあまりにも残念です。採用する側の都合が強く表れがちな就職活動において、どのような法律があり、学生としてどのような考え方や行動をとればよいかをまとめました。

2021年4月1日

農学生命科学研究科全体の取組について

東日本大震災後の福島での放射性物質の影響についての第1回目の研究報告会です。ここでは、農学生命科学研究科で行っている被災地支援のための取り組みをご紹介します。

2011年11月19日

農学生命科学研究科全体の取組みについて

東日本大震災後の福島での放射性物質の影響についての第2回目の研究報告会です。ここでは、農学生命科学研究科で行っている被災地支援のための取り組みをご紹介します。

2012年2月18日

教養学部・総合文化研究科における研究倫理教育の実践 学内

教員を対象にした研究倫理教育、学生を対象にした研究倫理教育の実践を紹介します。

2016年9月7日

農学生命科学研究科全体の取組について

東日本大震災後の福島での放射性物質の影響についての第3回目の研究報告会です。ここでは、農学生命科学研究科で行っている被災地支援のための取り組みをご紹介します。

2012年5月26日

4分間でみる「東大における英語での学び」

グローバルリーダーの育成に取り組む東京大学では、語学の授業にとどまらず、多くの教養科目や専門科目も英語で教えており、世界中から集まった留学生と日本人学生がともに学んでいます。概要を約4分の動画にまとめて紹介します。

2019年1月31日

閉会の辞

東日本大震災 福島第一原子力発電所 放射性物質 汚染調査 研究開発 復興支援

2013年12月14日

開会の辞

東日本大震災 福島第一原子力発電所 放射性物質 汚染調査 研究開発 復興支援

2013年12月14日

農学生命科学研究科の取組みについて

これまでの研究報告会を振り返り、農学生命科学研究科の総力をあげた取り組みによってわかってきたことを紹介します。

2016年3月26日

農学生命科学研究科の取り組みについて

これまでの研究報告会を振り返り、農学生命科学研究科の総力をあげた取り組みによってわかってきたことを紹介します。

2015年4月25日

農学生命科学研究科の取組について

原発事故からの復興に寄与する研究科の取組について、第九回までの報告を振り返ります。

2014年11月9日

農学生命科学研究科の取組みについて

これまでの研究報告会を振り返り、農学生命科学研究科の総力をあげた取り組みによってわかってきたことを紹介します。

2017年11月25日

農学生命科学研究科全体の取組について

東日本大震災 福島第一原子力発電所 放射性物質 汚染調査 研究開発 復興支援

2013年12月14日

TOKYO : REPRESENTATION AND REALITY

プリンストン大学の学生と東京大学の学生で行った東京での研修について、学生の報告を交えながら紹介します。

2017年3月18日

農学生命科学研究科の今後の活動の方向

近年の教育研究活動を振り返り、現状の課題と研究科の方針を示します。

2014年11月9日

学生フォーラム・ダイジェスト

学生フォーラムの活発な議論の模様をダイジェストでお届けします。

2015年10月24日

農学生命科学研究科で取り組んでいるその他の成果

東日本大震災後の福島での放射性物質の影響についての第1回目の研究報告会です。ここでは、小麦と桃の調査を中心に、農作物への放射性セシウムの影響についてご報告します。

2011年11月19日

学生フォーラム発表:異分野横断や交流(英語)

プログラム学生が、文理横断や異分野交流を促進する仕組みと、これまでの成果について報告します。

2015年10月25日

A Cross-Continent, Collaborative, Interdisciplinary, Case-Based Course on Technology and Sustainable Development

東京大学のPEAKプログラムの学生とウプサラ大学の産業経営・イノベーションプログラムの修士課程学生による学際協調型授業を紹介します。

2019年3月29日