検索結果 – 1146 アイテムが検索語に該当

土壌-河川-海洋系でのセシウムの挙動解析:XAFSによる化学素過程を中心に

土壌、河川、海での放射性物質の移動を、ミクロな粒子の吸着過程を調べることによって明らかにする研究を紹介します。

2016年3月26日

福島畑地土壌におけるカリウム動態について

カリウム施肥を実施しているにもかかわらず、放射性セシウムの吸収が十分に抑制されない土壌を調査した結果を報告します。

2016年3月26日

有機物が多い土壌におけるセシウムの再分布

福島県飯舘村の放棄林地で放射性セシウム分布の調査を行い、分布の変化を検討した結果を報告します。

2016年3月26日

放射性Csおよび安定同位体Csの同一圃場内での分布

同じ圃場の中での放射性セシウムと安定同位体セシウムの分布と、挙動の違いを検討した結果を報告します。

2016年3月26日

パネルディスカッション:科学に何を求めるか

養鰻業、輸入業、研究、行政など、さまざまな立場でウナギとかかわるパネリスト8人が、ウナギの保全のために何が必要なのか、何ができるのかを議論します。

2015年7月19日

東京大学のオープン・エデュケーション:OCWとMOOCの経験を通じて

東京大学のオープンエデュケーションの取り組みと、英語のMOOCを製作した経験をもとに、開かれた大学教育の意義を考えます。

2015年5月27日

Open Education, 放送大学とJMOOC

放送大学とJMOOCの取り組みを中心に、日本における教育のオープン化の経緯と将来を展望します。

2015年5月27日

オープン・エデュケーションの意義(と、JOCWの役割)

オープンエデュケーション研究の第一人者が、北海道大学の取り組みを紹介しつつ、教育のオープン化の意義を考えます。

2015年5月27日

OCWからオープンエデュケーションへ:日本の現状と課題

日本のオープンエデュケーションを牽引する四名の登壇者が、会場からの質問に答えます。

2015年5月27日

図書館から始まる!新しい学びと出会い

新図書館計画をサポートする東大生スタッフと、東大FFP(フューチャーファカルティープログラム)担当教員が、企画の趣旨を説明します。

2015年6月26日

地域をつなぐコミュニティ・ビジネスー図書館と地域をつなぐ新しいカタチ

地域の課題を解決する手段として注目されているコミュニティ・ビジネス。その役割と有効性について学べる講義です。

2015年6月26日

ミニレクチャ種明かし解説&トークセッション

プログラムのスタッフとミニレクチャ講師の大学院生が、授業設計の工夫や普段の研究生活について語り合います。

2015年6月26日

産学官連携の放流効果調査

ウナギ資源の保全のための産学官連携の一例として、鹿児島県での放流効果調査を紹介します。

2015年7月19日

大量種苗生産を目指す研究の歴史と現場

ウナギの完全養殖を目指すこれまでの取り組みを概観し、将来の実現可能性について語ります。

2015年7月19日

ウナギと科学と研究者

なぜウナギを研究するのか? ウナギの保全のために科学と研究者は何ができるのか? 長年の経験をもとに広い視野から提言します。

2015年7月19日

産卵生態研究のフロンティア

ニホンウナギの産卵生態研究の最前線でわかったことと、今後の展望についてお話しします。

2015年7月19日

海洋における成魚追跡調査からわかったこと

ニホンウナギの成体の行動パターン調査からわかったことをお話しします。

2015年7月19日

生体防御機構から見る種の違い

魚類の免疫研究の視点から、ウナギの生体防御機構の種による違いと、日本のウナギ資源保全の課題についてお話しします。

2015年7月19日

閉会の辞

土壌における放射性物質の動態をテーマとした第12回研究報告会を締めくくり、今後の調査研究の継続を誓います。

2016年3月26日

放射性セシウムの添加による土壌への固定状態の経時変化

土壌に固定された放射性セシウムの経時変化と、作物への影響を中心に研究成果を報告します。

2016年3月26日