漢籍の境界

プレイリスト

概要

U-PARLは、東京大学に「アジア研究図書館」を新たにつくるために設立された研究部門です。

このシンポジウムでは、アジア研究の多様な視点から「アジアとは何か」を考え、
アジアをめぐる知のあり方を構想します。

 

開催報告はこちら

 

この講演では、漢籍という視点から、とりわけその境界におけるダイナミズムという視点から、
「アジアとは何か」を考えます。

 

★あなたのシェアが、ほかの誰かの学びに繋がるかもしれません。
お気に入りの講義・講演があればSNSなどでシェアをお願いします。

講義実施日:
2015年1月31日
対象:
一般
大学生
分野:
文学/哲学/言語

講師紹介

齋藤 希史

さいとう まれし

東京大学
総合文化研究科 教授

※所属・役職は取材当時のものです。

講義資料