セッション1:研究と報道

人とうなぎの共存を目指して

プレイリスト

概要

ウナギは今、慢性的な資源減少に直面しています。2014年6月12日、環境省に次いでIUCNもニホンウナギを絶滅危惧種に指定しました。なぜ資源はこんなにも減ってしまったのでしょうか?どうすれば回復させることができるのでしょうか?私たちはこれからもうな丼を食べ続けることができるのでしょうか?問題は山積しています。このシンポジウムは、日本人がこよなく愛するウナギの食文化を絶やさないために様々な考えを持ち寄り、人とウナギの共存の道を模索する機会として開催されました。

 

★主催者ウェブサイト:東アジア鰻資源協議会(EASEC)日本支部会

 

★2013年に開催された「うな丼の未来 ウナギの持続的利用は可能か」が書籍化されました。

http://easec.info/EASEC_WEB/document.html

 

★東大TVのコンテンツがほかの誰かの学びに繋がるかもしれません。

あなたのお気に入りの講義・講演があれば、動画の上にあるSNSボタンからシェアをお願いします。

講義実施日:
2014年7月27日
対象:
大学生
一般
分野:
農学

講師紹介

塚本 勝巳

つかもと かつみ

日本大学
生物資源科学部 教授

※所属・役職は登壇当時のものです。

講義資料