第12回報告会

福島畑地土壌におけるカリウム動態について

プレイリスト

概要

作物への放射性セシウム吸収抑制を目的として、農地にカリウムを施肥する対策が講じられています。しかし、カリウム施肥を実施しているにもかかわらず作物への放射性セシウムの移行係数が低減しない例などが報告されています。カリウム施肥による吸収抑制効果が土壌によって変わるのはなぜなのか? この講演では、福島県内の問題土壌を用いて実施した試験結果について報告します。

農学生命科学研究科の復興支援プロジェクト HP

http://www.a.u-tokyo.ac.jp/rpjt/index.html

★あなたのシェアが、ほかの誰かの学びに繋がるかもしれません。
お気に入りの講義・講演があればSNSなどでシェアをお願いします。

講義実施日:
2016年3月26日
対象:
一般
分野:
農学

講師紹介

濱本 昌一郎

はまもと しょういちろう

東京大学
農学生命科学研究科 助教

※所属・役職は登壇当時のものです。

講義資料

討論・報告「放射能の農畜水産物等への影響についての研究報告会」の動画