討論・報告「欧州の研究マネジメント専門家から学ぶ:国際連携研究で求められるスキルと役割」

開会挨拶

欧州の研究マネジメント専門家を招き、国際連携研究を進めていく上での課題と解決策について議論するワークショップです。

2016年3月9日

異セクター・異分野間の連携研究による価値創造を目指して:その陥穽と克服への道程

異セクター・異分野間の連携プロジェクトを形成するための条件とプロセスを整理し、人同士の信頼性の構築が重要であることを伝えます。

2016年3月9日

EU-Japan Research Cooperation Opportunities Through EU’s Horizon 2020 Research and Innovation Program

EU側から、特に基礎研究の分野での国際連携研究を推進するプログラムを紹介します。

2016年3月9日

Internationalisation of Japan's Research Landscape: Needs and Tools to Address Them by EURAXESS

日本の国際連携研究の概況を踏まえ、情報収集とネットワークの活用を通じた国際化をどう考えるべきかについてお話しします。(冒頭のみ英語)

2016年3月9日

“現場”から見る国際連携研究の実際 〈日本の視点〉(1)

URAとしての豊富な経験をもとに、海外拠点との調整の実際についてお話しします。

2016年3月9日

“現場”から見る国際連携研究の実際 〈日本の視点〉(2)

連携の糸口を探すために、日本の研究機関の活動をいかにアピールするかについてお話しします。

2016年3月9日

閉会挨拶

国際連携研究のための地の利、時の利、人の利を生かす必要性について述べ、ワークショップを閉じます。

2016年3月9日