第7回 戦争と平和の条件 〜いま、大学の知と教育にできること

政治家・政治学者ではない人たちの政治責任

プレイリスト

概要

無用な戦争を回避し、平和を維持するためには、社会ができる限り正確に現実を認識しながら、論理的な判断をおこなうことが重要です。混迷いやます国際情勢やメディア環境の激変の中で、このことが今ほど切実な課題となっている時代はありません。学問を担う大学、その知を蓄積し万人へのアクセスにひらく大学図書館、知を育成するシステムである大学教育は、それに対してどのような貢献ができるのでしょうか?

本講演では、国内外の政治情勢を知る術となる国際メディアと一般市民の関係について、林香里教授とともに考えます。

 

★東大新図書館計画ウェブサイト:http://new.lib.u-tokyo.ac.jp/

 

★東大TVのコンテンツがほかの誰かの学びに繋がるかもしれません。

あなたのお気に入りの講義・講演があれば、動画の上にあるSNSボタンからシェアをお願いします。

講義実施日:
2014年6月16日
対象:
大学生
一般
分野:
法律/政治
教育/学習

講師紹介

林 香里

はやし かおり

東京大学
情報学環 教授

※所属・役職は登壇当時のものです。

講義資料