東京大学のオープン・エデュケーション:OCWとMOOCの経験を通じて

プレイリスト

概要

2015年は、日本でオープンコースウェアによる大学教材の無償公開運動が開始されてから10周年となりました。この間、世界では、オープンコースウェアからオープンエデュケーションへと、運動の広がりが見られます。MOOCs(大規模公開オンライン講座)が注目を集める一方で、オープンエデュケーションの意義を見直す動きも出てきています。大学教育のグローバル化の必要性も高まってきました。

この特別講演会では、これらの背景を踏まえつつ、日本のOCWとオープンエデュケーションへの今後の取り組みについて議論します。

 

イベント詳細はこちら

 

この講演では、東京大学のオープンエデュケーションの取り組みと、英語のMOOCを製作した経験をもとに、開かれた大学教育の意義を考えます。

 

★あなたのシェアが、ほかの誰かの学びに繋がるかもしれません。
お気に入りの講義・講演があればSNSなどでシェアをお願いします。

講義実施日:
2015年5月27日
対象:
一般
分野:
教育/学習
歴史/民族・民俗

講師紹介

吉見 俊哉

よしみ しゅんや

東京大学
大学総合教育研究センター センター長

※所属・役職は取材当時のものです。

講義資料