開会の挨拶

プレイリスト

概要

開催概要
東日本大震災から3年。震災や原発事故で浮き彫りとなった日本の危機管理の脆弱性への対応はどれほど進んでいるでしょうか。グローバル化の急速な進展に伴い、遠く離れた場所での出来事の影響が瞬時にそして幅広く世界中で壊滅的な状況を引き起こす懸念が高まっています。グローバルなリスクを考え直すことで、そうしたリスクが現実化してしまった際の損害の軽減に向けた準備を整えるだけではなく、リスクへの備えを革新と成長の機会として企業活動に活かすことも可能となります。
本シンポジウムでは、基調講演にグレゴリー・ヤツコ前アメリカ合衆国原子力規制委員会(NRC)委員長、新浪剛史 株式会社ローソン代表取締役CEO、そして海外特別ゲストとして世界経済フォーラムのリー・ハウエルをお迎えし、国際的な視点から「リスク・ガバナンス・リーダーシップ」のあり方を考えます。国家レベルの日本の危機対応から、リスクマネジメントやガバナンスをビジネスにどうつなげていくかまでをテーマに議論を展開していきます。

 

主催機関による開催報告はこちら(新しいウィンドウで外部サイトを表示します)

* 一般財団法人 日本再建イニシアティブ

* 東京大学 政策ビジョン研究センター

 

このコンテンツは、iTunesに保存してiPhoneやiPadからいつでもご覧いただけます。

(上記をクリックすると新しいウィンドウが開き、Apple社のページを表示します。)

 

★東大TVのコンテンツがほかの誰かの学びに繋がるかもしれません。

あなたのお気に入りの講義・講演があれば、動画の上にあるSNSボタンからシェアをお願いします。

講義実施日:
2014年3月11日
対象:
大学生
一般
分野:
経済/経営
法律/政治

講師紹介

前田 正史

まえだ まさふみ

東京大学
理事・副学長 

※所属・役職は登壇当時のものです。

東京大学大学院工学系研究科博士課程修了(工学博士)。

東京大学生産技術研究所教授、同所長を経て2009年より東京大学 理事・副学長を務める。

講義資料