今、日本の保育の真実を探る~9万人の保育者と1700カ所の自治体関係者の声を聴く~

乳幼児期の保育・教育の質保障に関する全国自治体調査 《結果報告》

プレイリスト

概要

東京大学大学院教育学研究科附属・発達保育実践政策学センター(Cedep)では、子ども・子育て支援新制度施行元年である2015年度に2つの大規模調査を実施しました。この公開シンポジウムでは、調査で明らかになった「現場の声」をもとに日本の保育の実態をひもときながら、保育・幼児教育の質の保証と向上にむけた「次の布石」を探っていきます。

開催報告はこちら

★あなたのシェアが、ほかの誰かの学びに繋がるかもしれません。
お気に入りの講義・講演があればSNSなどでシェアをお願いします。

講義実施日:
2016年9月17日
対象:
一般
分野:
教育/学習
心理学/社会科学

講師紹介

関 智弘

せき ともひろ

東京大学
発達保育実践政策学センター 特任助教

※所属・役職は取材当時のものです。

講義資料