ロボットと知

人間に近づくロボット

概要

ヒューマノイドロボットが二足歩行する姿はもう珍しくない。だが、歩行だけが人間らしさであるはずはない。身体、心、振る舞い、など様々な観点で、何が人間らしさをつくるのか。ロボットの構築と実験を通して、人間の解明と新たなロボット知能実現を目指す、認知発達ロボティクス研究の最前線では今、人間型の身体と人間的な心や振る舞いとの密接な関連が明らかになりつつある。人間型の赤ちゃんロボットを発達させて心を形成させる試みも始まっている。近い将来、本当の意味で人間らしいロボットが誕生するのだろうか。

講義実施日:
2006年10月14日
対象:
一般
分野:
工学/建築

講師紹介

國吉 康夫

情報理工学系研究科
 


学歴
1991年 東京大学大学院工学系研究科情報工学専攻博士課程修了

職歴
1991年 通産省電子技術総合研究所研究員
1996~
1997年
MIT人工知能研究所客員研究員
2001年 東京大学大学院情報理工学系研究科助教授
2004年 東京大学大学院情報学環助教授
2005年 東京大学大学院情報学環教授

講義資料