2016年

アインシュタインからの宿題:重力波の直接検出への挑戦

プレイリスト

概要

2015年9月14日に人類史上初の重力波の直接検出がアメリカのLIGOグループによってなされ、いよいよ重力波天文学の幕が切って落とされました。重力波は、アインシュタインの一般相対性理論から予言された波動現象ですが、その直接検出により、相対性理論自身の検証のためだけではなく、強い重力場での物理現象の観測、電磁波現象では観測できない星の深部や、究極的には宇宙の誕生の瞬間をとらえることのできる観測手段として、極めて重要な研究テーマと考えられてきました。本講義では、重力波の性質、その検出方法、重力波検出器を支える技術について解説します。

★あなたのシェアが、ほかの誰かの学びに繋がるかもしれません。
お気に入りの講義・講演があればSNSなどでシェアをお願いします。

★このコンテンツはiTunesに保存でき、オフラインでもご覧いただけます。

講義実施日:
2016年5月14日
対象:
一般
分野:
理学/自然科学

講師紹介

三代木 伸二

みよき しんじ

東京大学
宇宙線研究所 准教授

※所属・役職は登壇当時のものです。

講義資料