ホネの硬さとしなやかさ

骨のかたちと硬さの秘密

概要

からだの中には200個以上の骨があり、それぞれが独特の「かたち」をしています。骨は体の芯の部分にあって、体のかたちを保ち、生活に必要な動作を行う上で、大切な役割を果たします。このような働きができるのは、骨には他の臓器にはない、「硬さ」があるからです。骨折してもギブス固定などで治すことのできる骨には、かたちと硬さを作る巧妙な仕組みが備わっています。本講義では、骨が特別に持っている「かたち」と「硬さ」の秘密についてお話します。

 

★東大TVのコンテンツがほかの誰かの学びに繋がるかもしれません。

あなたのお気に入りの講義・講演があれば、動画の上にあるSNSボタンからシェアをお願いします。

 

★このコンテンツは、iTunesに保存してiPhoneやiPadなどからいつでもご覧いただけます。

(下のリンクからiTunesのページを開いて下さい)

講義実施日:
2010年10月30日
対象:
一般
分野:
医学/薬学

講師紹介

星 和人

ほし かずと

医学系研究科
 

平成3年 東京大学医学部卒業、同整形外科に入局。

平成6年 東京大学大学院医学系研究科入学。

平成10年 医学博士号取得。

平成14年 軟骨・骨再生医療寄附講座の客員助教授(現特任准教授)就任。

講義資料